Koki キムタクの次女の学校や経歴、本名を調査 極上サラブレット!


ファッション雑誌『エル・ジャポン』の表紙で堂々のモデルデビューを果たした、木村拓哉(45)と工藤静香(48)の次女、Koki,(15)。

ハイブランドの服を身にまとっているのに、服のパワーにまったく引けを取っておらず、高校生とは思えない堂々とした存在感を醸し出しています。

本  名:木村 光希(きむら みつき)

生年月日:2003年2月5日(2018年で15歳)

出 身 地 :東京都

身  長: 170 cm

事 務 所 :パープル

父  親:木村拓哉(45)

母  親:工藤静香(48)

姉   :木村心美(17)

すっごくかわいいです!

まだデビューしたてですが、彼女の経歴を調べてみました!

【参考】
koki,の口元だらしない?口紅の選択ミスでイメージ戦略成功せず!
アンバサダーの肩書きはどういう意味?インフルエンサーとの違いは?

スポンサーリンク




↓↓↓すっごいすらっとした手足。顔立ちは完全にお父さん似ですね!


木村光希の中学校はインターナショナルスクール

Kokiの出身中学は、東京都唯一のインターナショナルスクール「The Brtish school in Tokyo」。

イギリス系の学校で、3歳から18歳までの子どもたちに英国式の質の高い教育を提供しています。

授業料は、1年度で約200万円以上します。(姉の心美さんも同じ学校に通っていたので、1年で400万円超)

最近の芸能人の2世って、どんな名門だろうが偏差値が高かろうが、もう日本の名門校や有名校なんて目じゃないんですね。

他にも都内に1校、神奈川県と兵庫県にも1校ずつ代表的な英国系のインターナショナルスクールがあるのですが、Kokiさんの通うこのスクールが、一番学費が高いです。

こういうインターナショナルスクールの入学条件は、一般的には生徒の英語力が第一で、英語面接によって判断されます。

多くのスクールでは、少なくとも父母のどちらかがネイティブ並みの英語力でないと、入学できません。

インターナショナルスクールに入学を希望する日本人が年々増えているため、スクールによっては条件が厳しくなっている傾向があります。

特にKokiが4歳から通うこのスクールは、両親が日本人という子供は全校生徒の1割以下という超難関校ですが、キムタクも工藤静香も英語は堪能なので、パスできたのでしょう。

英国式のハイレベルな教育に加えて、絵画や写真、彫刻などの芸術分野にも力を入れており、英国式の礼儀や作法、マナーの教育も徹底しているので、グローバル感覚もしっかり身につけているといっていいでしょう。

木村光希の高校は桐朋女子高等学校?

Kokiの高校は正式には明らかにされていませんが、桐朋女子高等学校が有力視されています。
モデル活動や音楽活動を始めて行くのなら、インターナショナルスクールではやりづらくなったのかもしれませんね。

東方女子高には音楽科があり、たぶんこちらに通っているのだと思います。

この高校の音楽家の偏差値は56です。

本格的に芸能活動に注力するから転校したのかと思いきや、この高校、在学中の芸能活動は校則に定めはないが、指導方針として禁止しているそうです。

まあ多分、両親が学校側ときちんと話をつけているんでしょうね。

スポンサーリンク



成績や語学力がすごい

Kokiのスキルで特筆すべきはやはり語学力と音楽力。

工藤静香は娘たちのために英語やフランス語を猛勉強し、ふだんの会話も極力日本語を使わず、英語メインという徹底ぶり。

親の教育の賜物でもありますが、Koki本人にも語学の才能があったのではないでしょうか。日本語・英語・フランス語のトライリンガルであり、現在はスペイン語も学習中とのこと。

こうした英才教育が功を奏してか、すでに海外からもオファーが殺到しているといいます。
親譲りの音楽の才能もあり、ピアノ、フルートが得意。

作曲も行っていて、工藤静香の最新アルバム『凛』に3曲も楽曲を提供しました。

でも、キムタクパパはちょっと疎外感?

工藤静香のステージママぶりが過熱する一方、パパのキムタクは、そんな女性たちの様子をちょっと遠巻きに眺めている様子です。

静香と長女・次女のKokiは普段の会話でも流ちょうに英語をぺらぺら駆使してコミニュケーションをとっているようなのですが、キムタクパパはあんまりそこまで英語は上手ではない様子。

リビングで女性陣が英語で盛り上がっている中、キムタクが登場すると、その場の英語はぴたりと鳴りを潜め、一瞬で日本語に切り替わるとか(笑)。

キムタクさみしくて泣いちゃいますよ^^;。もーちょっとパパを疎外せず甘えてあげてくださいな。

木村拓也さんは芸能界歴が長い分、この世界の厳しさをよく理解していますが、娘の意思を尊重し、背中を押して応援する心づもりのようです。

まとめ

子供を育てる環境って大事なんですねえ……しみじみ。

工藤静香は教育方針として、子供の意思を尊重することを重視しています。

Kokiは今後、世界進出して世界の舞台で活躍したいというしっかりした意向を持っていて、静香も全力でバックアップするつもりとのことです。

これからのKokiの活躍に期待です!!

【参考】
koki,の口元だらしない?口紅の選択ミスでイメージ戦略成功せず!
アンバサダーの肩書きはどういう意味?インフルエンサーとの違いは?

スポンサーリンク