平田進也と行くツアーの予約方法は?大阪のカリスマ添乗員の感動旅行

im_profile_hirata.png
<出典:おもしろ旅企画・ヒラタ屋

8月15日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」で、ファン2万人、年間売上8億円という「ナニワのカリスマ添乗員」平田進也さんが紹介されます!!

大学時代から数々のTV番組に出演しています平田さんは、もうTV出演は通算600回を超えるので、それだけ個性が強烈な人なんですね。

平田進也と行くツアーの参加者のリピート率、実に9割。

参加した人は、「楽しすぎてどこへ行ったかなんて覚えてないわよww」と答えるくらい。

添乗員としての豊富な経験と巧みな話術を生かした『平田進也と行くツアー』には、発売したらすぐに申し込みが殺到するほどの幅広いファン層を持ち『浪速のカリスマ添乗員』です。

添乗員として勤務していた頃から、平田さんが担当するツアーは大人気で、『進子ちゃん倶楽部』というファンクラブまでできるくらい。

関西圏において、平田進也さんの名前を知らないシニアはいないのです。

芸能人でもない、普通のサラリーマンが、どうしてここまで人気が出るのでしょう?

この秘密は何でしょう?

今日は、そんな平田進也さんを紹介します!

スポンサーリンク



平田進也さんのプロフィール

まずは平田進也さんの基本経歴を確認。

生年月日:1957年5月31日(2018年で61歳)

出  身:奈良県生まれ

出身大学:京都外国語大学

㈱日本旅行にお勤めですが、年齢的に退職されたのでしょうか?代表を務める「おもしろ旅企画ヒラタ屋」でツアーを企画しています。

小学校の頃から人を笑わせることが大好きだったという平田さん。高校では漫才芸人を研究して「落語研究会員よりもおもろい軟式テニス部員」として名をはせたとか。…さすが関西人ですね!

大学生の頃から「ラブアタック」などのテレビ番組に出演しており、そこで話術・トークなどのセンスを磨きました。

一時期お笑い芸人を目指していましたが、競争が激しく断念。㈱日本旅行に就職し、営業9年、海外勤務も12年経験しています。

平田さんが40代前半のの2000年頃あるとき、「今の旅の形だったらダメだろうなあ……」と、格安料金を追求する業界のあり方に疑問を感じていました。

「ここはひとつ、自分のオリジナル性を生かした、楽しい旅行ができないだろうか?」と思ったことをきっかけに、

行きも帰りも、バスの中でも宴会場でも楽しいという付加価値をつけた旅を提供できないだろうか?

つまり、

「お笑い旅行はできないだろうか?」

と考えるようになります。

そしてすごいのが、本当にこういうバスツアーを企画しちゃったのです。

最初のお笑いツアーは「本当に面白いの?面白くなかったらお金返してもらいますからね」と手厳しいことを言われつつ20名の女性客を集めました。平田さんは、行き帰りのバスの中でも宴会場でも一生懸命喋ったそうです。

そのトークする姿は、まさに旅行業界における綾小路きみまろ。しかも宴会時には女装までしたそうです。

ツアーが終わった時に、ひとりの女性客からは「あんた、あそこまでやるかかね。本当に面白かった、びっくりしたわ!」と言われました。

よしこれは行ける!と確信した平田さんは、それからずっとお笑いツアー企画を進化させ続けました。そしてこのツアーは

「楽しい添乗員さんがいるよ」

「あの人がやるツアーは本当におもしろいよ」

と、だんだん口コミで広がっていったのです。

これが高じて2万人を超えるファンクラブまでできたとか。もう旅行業界のお笑い芸人?と言って過言ではない知名度なのです。

得意の話術を生かしたツアーを企画するようになったのは、西日本営業部への異動してから。

ツアーの企画から添乗まで一貫して担当していたという、㈱日本旅行という大手旅行会社の組織内としては飛び抜けたスタイルにまで発展し、なんと会社公認で㈱日本旅行HP内に「おもしろ旅企画 ヒラタ屋」として独自のHPスペースを開設もしていたんです。

異例の待遇です。

もちろん「平田進也と行くツアー」もとい「進子ちゃんと行くツアー」は、発売したら即完売となり、大人気になりました。

企画したツアーで年間8億円の売り上げを記録しています。

最近は「地域活性化のために、地方のあまり知られていないうちの町にもきてもらえませんか」と、行政側から直接オファーが来るレベルなのです。

あちらから依頼が来れば、平田さんも旅行プランの内容についてはいろいろ交渉しやすいですものね。

スポンサーリンク



平田進也さんのツアーはどんなもの?

<出典:トラベルビジョン
平田さんの強みは叩き上げの添乗員経験と、巧みなトークに女装芸。

濃い口紅と派手なアイシャドーにブロンドのかつら。女性ならまだ絵になるメイクも、還暦すぎのおじさんがやるとホラーの世界ですが、これが「なにわのカリスマ添乗員」の正装です。

ひとたびツアーが始まれば、3時間でも4時間でもぶっ通しのトークで参加者を歓待、宴会では前述のメークで「進子ちゃん」に変身し、一心不乱に参加者を楽しませることに集中し、いつも爆笑を巻き起こします。


平田さんの顧客は綾小路きみまろさんとファン層が同じなのか、やっぱり40代以上の女性がターゲット。

手ごわいですよね、関西の女性で特にこの世代は。

しかし、こんな元気なオバちゃんたちを、巧みな話術でかわし、精一杯もてなすのです。

●誰かをつい誘いたくなってしまう。

●年を取ってからの楽しみができた。

●聞かれてもいないのにツアーの感想を喋りたくて仕方がない

●お客さん同士が仲良くなり、さらに楽しくなってしまう。

こんな感想を聞くと、いてもたってもいられません。どんな手を使っても行きたくなってしまいます。

お得意様の中には、20年も平田さんのツアーを利用し続けている人もいるのです!
もはや「進子ちゃんと行くツアー」は、

●参加すればするほど家族が増える


●平田さんのツアーの参加者がひとつのコミュニティをつくれる関係

にまでなっているのです!!

「何処に行きたい」ではなく「平田さんに会いたいから」という動機で参加する人が本当に本当に多いのです。

すごいと思いました、こういう人とのつながり方があったとは……!

平田さんのツアーは結果的に、老後の「友人関係」「支え合える仲間」をつくれるひとつのきっかけを提供する形にもなっているんです。

最近の平田さんのツアーはこちら。

↓↓↓平田さんが同行した、最近のツアー(終了しました)

<フェイスブックより>

なんと、未体験お座敷ツアー!!(日帰り19800円)

いやそうですよね、ふつう敷居が高くて京都のお座敷遊びなんでできるものではありません、特に女性は!!!

西陣魚新 (にしじんうおしん) といえば徳川幕府の時代から続く老舗の料理店です、ここのお料理をいただきながら京都のお座敷遊びを体験できるなんて、さすが平田さんわかってるう!

その潜在ニーズを見事掘り起こし、相場よりちょっとお高めではありますが、平田さんのツアーは常に「本物を味わってもらう旅」。決して損した気分にはなりません!

てゆーか、平田さん、京都という伝統的な空間でどんなお笑いトークを披露したのでしょう??こっちも気になる^^;!

平田進也さんのツアーに参加する方法は?

ファンクラブもできるくらいの人気のカリスマ添乗員・平田さん。

ツアーの告知方法としては、ツアー内容が固まるとファンクラブやインターネットやダイレクトメールを使って会員に案内を流し、先行予約を始めています。

平田さんのツアーは先行予約でもう参加枠が埋まってしまうらしく、あんまり表立って募集はしていないようです。

番組内でも仕事中の平田さんを見かけた通りすがりのおばちゃんが「あなたのツアーに参加するにはどうしたらいいの?」って直接聞いていたくらいです。

●まずはこまめにフェイスブックをチェックするのがいいようです。

●平田さんはメルマガも発行しているので、これに登録すればお得な情報、テレビ・ラジオの放送日、おすすめツアー、季節の旬のツアーなどをいちはやくゲットできます。

メルマガに登録するのが一番早そうですね!

公式HPからメルマガに登録できます。こちらのページを下までスクロールしてください!!

↓↓↓

平田進也さんのメルマガ登録ページはこちらから!

また、携帯から「365g1r@a08.hm-f.jp」に空メールを送るだけで登録完了です!

これでお客様のメールアドレスが登録され、しばらくすると確認メールが届きます!

管理人はあんまり感動してしまいましたので、お問い合わせ先を掲載しておきます、直接のお問い合わせはこちらから!

↓↓↓

TEL:06-7664-8213

●その他、平田さんが持つメディアにラジオ出演があります。ラジオはレギュラー番組を持っていますので、こちらから何か告知があるかもしれません。

↓↓↓

平田進也のラジオ大阪OBC(ダイヤル1314)で「耳からトラベル」

(放送時間: 毎週土曜日・14:30~15:00)

まとめ

平田さんのモットーは「常にお客様の期待を超えること」!

「ほかの人がやらないことを、自分がやらせていただき、それを事業の形にしている」……こんなスタンスで添乗員を続ける平田さん。

じゅうぶん知名度もあるし、ファンクラブもあり、自分でこのようにメディアでツアーをPRしているため、広告費がかさまない分、平田さんのトークや女装などの「芸」だけでない、食事などにも配慮できる質の高いツアーを提案できるんですね。

もう旅行やツアーといったものを超えたものを感じます。

もっと放送時間を割いて欲しかったなあ^^;短い時間でしたが、平田さんのあたたかい人柄がよく伝わる、素晴らしい番組でした!

てゆーか私も参加したいんですけど(><)!!

スポンサーリンク