秋山ゆずきの経歴は10年頑張ればチャンスは必ず来る!科捜研で好演

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の第1話に、秋山ゆずきさんが出演することが決定しました。

劇中では国民的アイドルグループ“フォレスト”のメンバーを演じ、国民的アイドルグループに起きたトラブルをあつかうというストーリー。

去年は、2018年秋ドラマ「科捜研の女」にゲスト出演していましたよね。

おめでとうございます、調べれば調べるほど下積みが長い人であることがわかり、努力が報われて、ああよかったと思います。

秋山さんは上田慎一郎監督の大ヒット映画「カメラを止めるな!」で、事実上のヒロイン役を演じました。

この映画の成功によって脚光を浴びた秋山ゆずきさん。

上田眞一郎の作品には3作目の出演であり、監督の推薦で「カメ止め」に参加したようです。

今回は、モデルやグラビアなどさまざまな活動を行っている、秋山ゆずきさんのことについて調べてみました。

スポンサーリンク



秋山ゆずきの経歴・プロフィール

まずは、基本的なプロフィールを確認。

別 名 義 :橋本 柚稀(旧芸名) ※本名?

生年月日:1993年4月14日(2018年で25歳)

出 生 地 :埼玉県

身  長:155cm

趣  味:写真編集、動画編集

特  技:クラシックバレエ、水泳

家  族:父・母・兄・弟(同居しているかは不明)

血 液 型 :A型

ジャンル:舞台、映画

事 務 所 :アソビシステム

2008年の中学生の時にジュニアアイドル”橋本 柚稀”としてアイドル活動を始めています。

芸名の「秋山ゆずき」が本名なのかどうかは、調べてもわかりませんでした。

2010年、高校生の頃の動画を見つけましたので、ご覧下さい。

↓↓↓17歳ころかな。かわいい~!(*´ω`*)アイドルしてますね~♫


DVDもこの時期に2本出しています。

芸能活動を開始して以来、なんだか劇団や所属事務所を転々としているんですね。

「劇団空感エンジン」でヒロインとして初舞台を踏んでから、どーも落ち着きがありません。

2010年、つまり「劇団空感エンジン」在籍中の1年で、3つの舞台をに出演しています。

8・9・11月……すごいハードスケジュールです。

この頃は17歳で、高校生。

2011年に上田慎一郎監督の「恋する小説家」のヒロインとして出演、上田監督とは、18歳の頃から一緒に仕事していたんですねえ。

2012年にも映画に1本出ていて、高校在学中は映画に専念していたようですが、成人をむかえた2013年から本格的に芸能活動を再開。

この頃にDVDを1本出しています。

2014年7月、「アリスインアリス(二期)」に加入、翌年退団。

2016年3月、「フィットワン」退団。

2016年5月、「ベニバラ兎団」に所属、同年退団。

2018年6月から、現在の「アソビシステム」に所属しています。

地下アイドルとしてはけっこう人気があったようですね。

あまりテレビには出ていませんが、地下アイドル時代はたいへん精力的に活動しています。

2013年に舞台7本、2014年に舞台10本、2015年に舞台7本、2016年に舞台7本・映画1本、2017年に舞台6本・映画2本……。

非常なハイペースで活動してます。

ほんとに、女優としての努力、やれることは全部やっていることが伝わってきます。

そして2018年、一般上映された大ヒット映画「カメラを止めるな!」への出演により、秋山さんはついに大ブレイクを果たしました。

映画では秋山さんのカットが多く、さらには監督に太ももとお尻をすごい褒められたとのこと。

グラビアでは全然売れなかったことから、秋山さんは大喜び。

「カメ止め」の公開始まった頃は、自分でチケットを 20枚買い、家族とか知り合いに配っていたそうです。

途中から色んな映画館で始まり、その時のチケット手元にまだ2枚残ってるそうですが、これは宝物にするそうです。

これまでの努力に基づく正当な成果です、おめでとうございます!

これは、上田慎一郎監督作品への3度目の出演となっています。
スポンサーリンク



秋山ゆずきの実力やいかに

2018年10月に、沢口靖子さん主演の「科捜研の女スペシャル」に「カメ止め」秋山ゆずきさんが出演しました。

ネタバレしちゃいますが、真犯人役で、今作が本格ドラマデビューとなります。

どんな演技をする人なのかなー?と、楽しみにしていましたが、思ってた以上に演技がしっかりとしていて、良かったです。

やはり、下積み時代に量をこなしているので、沢口靖子さんと内藤剛志さんというビッグネームと共演しても、飲み込まれることがなかったです。

ほんと落ち着いて見ることができましたよ。


しかし、秋山さんが事務所をひんぱんに変わっているのが気になります。

調べても移籍の理由など気になるものは特に出てきませんでしたが、なにかトラブルがあったのでしょうか……。

「有名になりたい!」という意志が強く、「個人活動に専念するため」「フリーとして活動するため」な、可能性の幅を広げたいということが理由だったようです。

意外と、上昇志向がとても強いタイプなのかもしれません。

……あとちょっと言っていいですか?

秋山さん、正統派美人ではないですよね。頬骨が高い位置にあって、顔の角度によっては少々きつい印象を人に与えます。

まあその……「正当派の美形」ではありません。



なんかこう……全体の印象としてストレートに好感が持てる!という気がしないのは、気のせいでしょうか。

たぶん、今までいろいろ辛いことも多かったと思うので、なんだかちょっと……疲れてるかなあ……というのが管理人の率直な印象です。

なんか……いろいろやってきた人なのかもなあ……と思うんです。

実は、ジュニアアイドル時代の動画もネット上に残っているのですが、少々アダルトな動画も混ざってました。⇒こちら

「売れるためならなんでもやる!!」という執念のようなものがまだ顔に刻まれて残っていて、なかなか抜けないのでしょう。

しかし、このままうまくいって芸能界の水で洗われて、もっと自信を持って実力を高められ、ゆとりを持つことができるようになれば、誰もが見惚れるようなオーラをまとうことができると思います。

グラビアの仕事も個人的にはチャレンジする意欲は高いそうですが、事務所的にちょっとNGのようです(笑)。

何が来ても「私はやってみたい。全力で応えられるように、”このコすごいんだ”って思ってもらえるようにしたい」と、意欲満々の秋山さん。

いっぽう、作品が評価されすぎて、次お芝居するのは怖いなという気持ちもあるそうな。

映画が大ヒットしたため、今はボディガード付きで移動しているそうです、すごいですね。

まとめ:このまま波に乗れ!

まだブレイクしたてなので、秋山さんについての詳しい経歴や、次の仕事の情報があまりありません。

高校は出ているようなのですが、高校の名前までは調べられませんでした。

これからブレイクするにつれて情報もいろいろ出てくると思いますので、その都度お知らせします。

カメ止めのヒット以降、秋山さんの世界は一変しあっちにこっちにひっぱりだこ。

「踊る!さんま御殿!!」でゲスト出演した時は『さんまさんてこの世に本当に存在しているんだ…』と感動し、その後は「お笑いジャイアントキリング~しばり漫才王決定戦~」、舞台「Over Smile」日替わりゲスト出演。

今のところ、映画『カメラを止めるな!』のスピンオフドラマ『ハリウッド大作戦!』が2019年3月にabemaテレビで放送予定です。

演技はしっかりしていて、テレビでも浮いてませんでした、上手でした。このままどんどんステップアップしていってほしいです。

このチャンスを生かして、さらなる成功につなげてほしいです!

頑張ってください!

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする