高嶋政伸の元嫁の美元が現在ブログ更新、日本で活動再開か?

美元(みをん)さんが、6年ぶりにブログを更新、続けてインスタも開設。

ブログ記事のタイトルは「新成人の皆さまへ」で、美元さんが今年はW成人(40歳)を迎えたことを区切りとしての内容。

詳細は後述しますが、ゲス不倫の川谷さんら20人と組んだプロジェクトのスタートに合わせての更新宣言ですが、どういう募集の仕方したんですかねこれ。

この女性は、俳優の高嶋政伸さんの最初の奥さんです。

私にとって美元さんという女性は、「高嶋政伸に”25年の芸能生活をなげうってでも離婚したい”と言わせた女」。

当時はとにかく「世の中すごい人がいるもんだ……」と、日本中が震え上がったものです。双方的な意味で。

電撃結婚からのスピード離婚、たしか外国に行って再婚したと聞いていましたが、日本で何かの活動を再開する予定なのでしょうか。

も、もしかして日本に帰ってくるのかな((((;゚Д゚))))????という可能性も否定できません。

当時のことを振り返ってみましょう。
スポンサーリンク



美元のプロフィールは?

何はともあれ、まずプロフィールを。

日本名 芦澤裕子(旧姓)
高嶋裕子(高嶋政伸と婚姻時)
Miwon Keito(現在のブログのプロフィール名)
生年月日 1979年6月29日
年 齢 2019年で40歳
出身地 日本 東京都
血液型 O型
肩書き 女優・モデル・ウォーキング講師

美元さんは、父親が日本人、母親は韓国人の、日韓のハーフです。

9歳の時にお母さんが死亡(自死説あり)、お父さんとお兄さんといっしょに、3人で東京で育ちました。

経済的にあまり裕福ではなく、いじめられたこともあり、家計を助けるためにアルバイトをいくつも掛け持ちしていました。

2000年、21歳の時にミスユニバースジャパンに挑戦、準グランプリを受賞。

独学で英語を勉強し、それからはモデルとしてパリや香港、台湾などアジアを中心にモデルショー、雑誌、広告等でインターナショナルに活躍しました。

2007年28歳の時、 映画「M」は東京国際映画祭にて女優デビュー、特別賞を受賞、バラエティ番組にも出演しましたが、国内ではほぼ無名の存在でした。

高嶋政伸さんとのなれそめ

高嶋さんと美元さんの出会いは、フジテレビ系列のテレビドラマ。

2007年12月放映の『大韓航空機爆破事件から20年 金賢姫を捕らえた男たち』の共演をきっかけに2人は親密になり、なんと1週間で結婚に至りました。

積極的だったのは高嶋政伸さんで、デートを2回デートした後、3回目が待ちきれずに美元さんに電話でプロポーズ。

交際わずか1週間のスピード結婚です。

結婚記者会見では「この人を逃すと僕の幸せはない」と、美元さんにゾッコンで、翌年の2008年8月31日、日枝神社で挙式、帝国ホテルで結婚披露宴を行いました。

ところで昔から言われていましたが、高嶋政伸さんはひどい潔癖症で神経質な不眠症。

このタイプの人は、何度も手を洗ったり、他人が触ったものを掴むことができなかったり、しかもそれを家族にも強要することが多いです。

眠るときにはアイマスクや耳栓を数十個も用意し、多量の睡眠薬を服薬、美元さんとは最初から寝室も別々。

また、数十年前に赤ん坊だった長兄が女中に殺害された悲劇を経験している高嶋家は、スピリチュアルにも傾倒しています。

高嶋さんは実は占いの心得があり、神社参拝のほかにもさまざまな「習慣」を持ってます。。

この頃は、吉方位の方角の海岸に行って砂を段ボールにいくつもとってきて、ベッドの下に敷き、そこから砂をスプーンですくって枕元に盛るなどの「儀式」を繰り返していました(強要はしなかったとのこと)。

このような側面は、俳優としての演技には独特のいい味が出るのかもしれませんが、一緒に暮らす人は大変です。

このため、高嶋さんは結婚する41歳まで、女性ときちんと付き合った経験がなかったようなんです。そういえば浮いた話、ほとんどなかったですね。

男性としても焦りやストレス、コンプレックスは相当なものだったでしょう、何がストンとハマったのかはわかりませんが、国際的に活躍している美元さんは、高嶋さんを上手にあしらえました。

分別があるべき40代の男性らしからぬスピード婚でしたが、離婚時にはまるで潔癖症や神経質を呪力に変換した、まるで「悪魔祓い」のごとき迫力でした。

スポンサーリンク



高嶋政伸との泥沼の離婚裁判

結婚からほぼ2年が経過した2010年8月頃より別居状態になり、2011年7月、離婚裁判中と報じられ、9月19日に結審となりました。

離婚裁判を起こしたのは高嶋さんの側からで、美元さん側には離婚の意向はなく、夫婦関係の修復を目指していました。

高嶋さんは離婚の理由について「お互いの性格の不一致、考え方(生活観、仕事観)の相違」としており、もう周囲だってそれで納得するしかないでしょと言いたくなるほどのすったもんだでしたね。

当時の報道は、高嶋さん側の証言によって、美元さんの金満ぶりが次から次へと報道されています。

美元さんは優雅な高嶋ファミリーの一員になれたことが自慢で、その名に恥じないように、パーティーをたくさん開催し、規模も盛大になっていった。

体調を崩し、精神的に不安定になった政伸さんを見て、何かあったときのためにと、彼が快復したのを待って保険会社のことを聞いたそうなんです。そうしたら、高嶋さんは鬼の形相で、『きみはぼくの保険金目当てなのか』と食ってかかった。

高嶋さんは美元さんに月30万円の生活費を渡していたが、これでは足りないと言われ、50万円に増額。

しかし美元からは「自分は基本、生活費に100万円と9万円のおこづかいが欲しい。私は月に合わせて109万円が必要な女」といわれた。

美元が離婚に応じないのは慰謝料をつり上げるため

国際的に仕事をしてきた美元さんは、上昇志向が強くて自分が前へ前へと出るタイプだが、高嶋家の家風は、“女性は一歩下がって夫を立てる”だった。

誇張されている部分もあると思いますが、高嶋一族の一員となった美元さんは、かなり舞い上がってしまったのではないでしょうか。

しかしもうすこし公平に見ると、高嶋さんもものすごく扱いが難しい人なので、美元さんだけを責めることはできないです。

特に、夫婦間の時間が持てないことが深刻だったようです。

演技派俳優として知られる高嶋さんは、舞台やドラマへの出演が近づくと、仕事のことだけに集中するため、たとえ妻であろうと近くに寄せ付けなかった。

寝室で耳栓とアイマスクをして一人でさっさと寝てしまい、そんな“完全武装”が毎夜続くこともよくあった。

↓↓↓これは、美元さん側から提出された高嶋さんのDV暴言録音テープ。裁判所には証拠として受理されています。

政伸:おい待てよ! ブス! オラ!(ダン!という衝撃音)

政伸:ふざけんな、コノヤロウ。おれは明後日、芝居やんなきゃいけねーんだよ、オラ!(ガン!)

政伸:ふざけんな、おめえが最初に叩いたんだろうが。(おれは)俳優なんだぞコノヤロウ…あー痛ぇ。腫れたらどうすんだ、コノヤロウ!

美元さんのがテレビで披露した「高嶋家の特製カレー」に、高島さんが「あんなのうちのカレーじゃない!」と大激怒。美元さんの事務所社長を2度も呼び出して怒鳴りまくりました。

それは結婚当初、高嶋さん自身が太鼓判を押したものでした。

まあ高嶋さんも高嶋さんで、いちど「もうガマンできない!!」となってしまったら、もう止まらない人でしょう。

美元さんのカネの亡者ぶりが報道されたかと思ったら、高嶋さんの暴言のテープが美元さん側から提出され、泥の投げ合いの離婚劇でした。

とにかく決着を早くつけたかった高嶋さん側から、和解金3000万円を美元さんに支払うことによって訴訟が取り下げられ、結局は「協議離婚」に落ち着きます。




離婚後、シンガポールに移住して再婚

2012年11月に協議離婚が成立した美元さんは、そこで年下の日本人の投資家男性と再婚しています。

現在はシンガポールを拠点とし、

・ミスユニバースファイナリストへのウォーキング指導、

・大手芸能事務所や企業セミナーでの講師、

・ハリウッドスターへのインタビュアー

などの活動を行っており、チャリティ活動にも精力的に取り組んでいる様子。

ブログを見ると、小さなお子さんと一緒の写真なので、子供(女の子?)に恵まれたのですね。

記事内に「今は大事な人がいる」と書かれてありますが、これが旦那さんのことでなくこのお子さんを指していると仮定すると、えーと旦那さんはどこ行ったんでしょうか……。

プロジェクト「あっちゅーまやねん人生」

2019年1月14日、相模ゴム工業株式会社が主催する「sagami original」シリーズの誕生20周年を記念したプロジェクト「あっちゅーまやねん 人生」が開始。

このプロジェクトには、

乙武洋匡(作家)

・森本稀哲(元日ハム)

・川谷絵音(ゲス不倫)

・加藤茶(タレント)

・堀潤(ジャーナリスト)

・小橋賢児(イベントプロデューサー)

・美元(モデル)

など、総勢20名が参加しています。

相模ゴム工業㈱は、神奈川県にあるコンドームの製造・販売を扱う会社で、成人を迎えた若者に対する。避妊具の啓蒙・宣伝ですね。

なんかメンバーも微妙で、コメントにどうにも困ります……。

美元さんの新成人へのメッセージは⇒こちらから。

まとめ:なぜ今頃こんなイベントを?

美元さんは、準ミスユニバースジャパン。

こう言ってはなんですが、美人を商売にしている人は国籍や人種を問わず、結婚相手の男性はATMとしか思ってない人が多いので、まともな男性は結婚相手に選ばないです。

美元さんのブログとインスタは日本語で更新されていて、旦那さんの姿はありませんが、美元さんと娘さんの、シンガポールの優雅な生活がうかがえます。

気になるのが単発的な更新ではなく、「再開」と美元さんがはっきり発言していること。

日本語で日本人に向けて今後継続してメッセージを発するということは、今後日本における何らかの活躍を視野に入れているということでしょうか。

お兄さんの政宏さんが最近変態であることを自ら告白し、政伸さんも神経質なスピリチュアリストであるとはいえ、高嶋政伸の実家である高嶋家は、芸能界でも代表的な芸能一家で、その影響力は大きいです。

高嶋家と共演NGであれば、日本の芸能界に復帰するのはなかなか難しいんじゃないかなあ……。

旦那さんがどういう人かはわかりませんが、シンガポール在住の日本人トレーダーとのことなので、資産はそこそこ持っているのでしょう。

どこかの局のスポンサーにでもなるのでしょうか。

しかしなぜ、お金持ちの妻が、ゲス不倫をしてカネコマなタレントさんと成人式プロジェクトに参加しているのでしょう。

謎は深まるばかりですが、しばらく注視していきたいと思います。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする