りゅうちぇるの子供の名前「リンク」あふれる愛でタトゥー騒動に!

本日、タレントのりゅうちぇるさんとモデルのぺこさんの間に、待望の第一子が誕生しました!

おめでとうございます!!

性別は男の子、名前はリンクです!

2018年7月11日午前11:12、3576gの元気な赤ちゃんだそうです。

去年の6月のイベントで生まれてくる子供の名前はアナウンスされていて、男の子だったら「リンク」、女の子だったら「モナ」にする予定でした。

ネット上で一部からはキラキラネームと批判されてますが、個人的にはカッコよくていい名前だと思います。

女の子の「モナ」は、直感で決めたそうです。

スポンサーリンク



出産は約12時間に及びましたが、出産前にぺこさんは『出産のときは絶対に痛いと言わない』と決意し、実際にそれを貫いたんだそう。

りゅうちぇるさんはトイレに行く以外、そんなぺこさんにつきっきり。

りゅうちぇるさんは、出産前からぺこさんと「両親学級」に通ってました。

そこで妊娠中の過ごし方や出産の心構え、育児について学び、その甲斐があって、出産当日も的確な働きで出産を支えることができたので、ぺこさんはとても感謝しているようです。

男の子なので、りゅうちぇるさんが気まぐれを起こさなければ、多分「リンク」に決まるでしょう。

このままカタカナになるのか、何か漢字を当てるのかはこれからのお楽しみですが、「カタカナがいい」って言ってましたね。

※追記

カタカナで「リンク」に決定しました。

名前の由来となったミュージカル『ヘアスプレー』に込められたりゅうちぇるさんの願い

「リンク」という名前の由来は、2007年に一躍話題となったミュージカル映画『ヘアスプレー』の登場人物、リンク・ラーキンから由来するとのことです。

あらすじは、太っているけどダンスが大好きな天真爛漫な「テレビに出たい」という夢を持つ女の子が、努力と周囲の人の協力でそれを叶え、黒人を差別しつつあったダンステレビにレギュラー出演して、デモを起こし、差別のない番組を作り上げるというストーリー。

リンクというのは、主人公トレイシーの憧れの人。

この映画のヒーローで、ラストではヒロイン役とめでたくハッピーエンドになる優しい少年です。


全編ハイテンションでアップテンポな曲が多いですが、底流にあるのは現在も世界で問題になっている「人種差別」

実は2007年の映画がリメイクされておりまして、最初の映画は1998年に上映されています。

この時の主人公の女の子は黒人で、人種差別の側面が強く強調されています。

リメイクされた時に、主人公トレイシーの負の属性が「黒人」から「肥満」に変更されています。

いろいろ事情があったんでしょうね^^;。

そして、映画のヒーローの「リンク」は、トレイシーが黒人だろうが太っていようが、表面のことに惑わされずに彼女の心の美しさを見抜く男性として描かれているのです。

このような重くシリアスなテーマを、若い人やあまり知らない人にも飽きさせずに巧みに取り入れつつも、とにかく始まりから終わりまでハッピーな音楽が観客を包んでくれる、明るく樂しい映画です。

りゅうちぇるさんは「この映画のリンクという少年のように、人の表面ではなく、人の中身を見て愛せる子になるように」と願いを込めていました。

ひょうひょうとした話し方の裏側には、実はそういう人類愛にも似た深い愛が、この名に込められているのかもしれません。

スポンサーリンク



あふれるリンク君への愛情

リンク君が生まれた翌月の2018年8月には、最愛の息子・リンク君の名前をタイトルにし、息子やリスナーへ向けて、りゅうちぇるさんが今まで歩んできた「誰でもない生き方をしてきた道のり」を示した2作目となるデジタル曲をリリースしました。


「この曲はぺこりんと出会えたこと、ぺこりんが教えてくれたこと、そしてリンクがぼくとぺこりんのもとに生まれてきてくれた奇跡、これからリンクにたくさん伝えたい愛をつぎ込みました」

と語っており、これは妻子への愛や想いを歌詞に込めたメッセージソングとなっています。

タトゥー騒動

あまりにあふれる家族愛が高まり、2018年8月19日、りゅうちぇるさんは両肩にタトゥーを入れていることをSNSで公表しています。

↑↑↑鏡で反対になっていますが、「LINK」というアルファベットが肩に彫られています。

反対の右肩には同様に、妻・ぺこさんの本名である「TETSUKO(哲子)」とタトゥー。

これはちょっとした騒動にまで発展し、ネット上では賛否両論の意見が巻き起こりました。

ネガティブ派の意見は以下のとおり。

「刺青にはショックを受けました」

「プールとか温泉とか連れて行ってあげれないよね。子供がかわいそう」

「SNSでタトゥー晒すべきじゃない」

「テレビの出演減りますよ」

もちろん擁護する意見も多いです。

「自分の子どもの名前なので、一生残って困るものでもないので全然良いと思う」

「世間一般で見たら刺青っていうのは印象良くないけど、子どもの名前と奥さんの名前ならいいかなって」

「可愛いなって思う。嫌な気持ちはないですね」

「素敵だなと思います。愛を感じます」

「それなりに予想はしてたけど、こんなにも偏見されるのかと思いました」と、予想を超える反響の大きさに、ショックを隠せない様子でした。

ちなみに、りゅうちぇるさんの父親も、りゅうちぇるさんが誕生した際に、背中に龍 (ドラゴンの絵) タトゥーを入れたそうです。

わたしは個人的には、身体の大部分に入れているわけではないし、多少の制約が出てくることくらいりゅうちぇるさんはちゃんとわかっていて彫ったのでしょうし、状況が変わったら今どきすぐ消せるし、家族に対する覚悟のあらわれと受け止めましたので、こういうのもありだと思っています。

まとめ

大きくなったぺこさんのお腹に毎日「リンクリンク」と話しかけていたようです。

きっと今頃ぺこさんのベッドのそばで転げまわって喜んでいるのではないでしょーか。その光景が目に浮かびます。

りゅうちぇるさんって、ときどき人をハッとさせるような視点を持っていることを気づかされるんですよね…。

りゅうちぇるさんは子供にもうメロメロ。「僕はヒゲも濃いので、いつかリンクもヒゲが濃くなるのかな。将来、『芸能界をやりたい』と言えばやらせるけど、怖い大人がたくさんいるよ」と、リンク君の芸能界入りにはわりと前向きな様子です。

二人目については、まだ考えておらず、しばらくは両親の愛情はリンク君に独占させてあげたいとのこと。

おふたりらしくて本当に素晴らしいですね。末永い幸せをお祈りしています!!

スポンサーリンク