貴乃花が政界進出?参議院議員に出馬して相撲協会改革シナリオは?

いやー相撲協会真っ青ですね。

貴乃花親方は否定していましたが、たぶん十中八・九の割合で、2019年の参院選に出馬するでしょう。

なんてったて馳浩衆議院議員に最初に会いに行ったことが全てを物語っています。

仮に来年の参院選に出馬し、当選すれば、元貴乃花親方は公益財団法人である協会を管轄する立場に身を置く可能性があります。

現在の日本って、ほんと既得権益を握り締めたジジババが上に乗っかって風通しが悪くなっています。

これを取り除こうと孤軍奮闘し、無念にも敗れ去った姿の一部始終を公共の地上波による全国放送で見ていた多くの日本国民は、貴乃花を応援することでしょう。

貴乃花はまだ45歳ですよ、子供たちに相撲を教えるのは似合っていると思うのですが、それを専業にするには早すぎます!

今日は、貴乃花が政界に進出した後、どのように議員の立場から相撲協会を改革できるのか、そのシナリオを考えてみました。

【参考】
貴乃花の顧問弁護士は誰?TMI法律事務所VSのぞみ法律事務所
花田景子さん離婚?!経済的に困窮する転落人生、お金のリアルに限界
貴乃花親方の退職・引退後は国会議員?2000万円稼げる仕事はあるの?

スポンサーリンク



議員になれば内閣府に公益財団法人の調査を依頼できる

いち議員の立場から、どうやって「大相撲協会」を改革できるのか?

貴乃花が参議院議員になれば、「国政調査権」という国会議員に付与された権利を行使することができます。

【日本国憲法第62条】
両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる。

国会は委員会主義なので、貴乃花の場合、参議院議員の委員会を通してこの権利を行使することになります。

委員会には常任委員会特別委員会の2つがあります。

・常任委員会は内閣委員会や総務委員会など17が設置。

・特別委員会は会期ごとに必要に応じて設置。

また、参議院独自の機関として「調査会」というのもあります。

調査会は、大局的な見地から国政の基本的事項に関して調査を行い、その成果として、議員立法、決議、政策提言を行うなど、参議院にふさわしい調査機関としての役割を果たしています。

現実的にはそれなりの問題にならない限り、相撲協会の問題ひとつで「調査会」を設けることは困難だと思いますので、まずはどこかの委員会に入ることです。

※逆に言えば、大問題に発展してしまったら調査会を設置することになります。

大相撲協会は「公益財団法人」であり、これは「一般社団・財団法人法」に基づいて設立された一般財団法人で、公益法人認定法に基づいて公益性を認定された団体です。

この「公益財団法人」の所管官庁は内閣府。

内閣府の事務を所管事項としている委員会はどこか??

↓↓↓

『内閣委員会』

です。

この内閣委員会の仕事内容は、「内閣及び内閣府の所管に属する事項」なので、貴乃花が最短ルートで相撲協会を改革する方法は、

「常任委員会のひとつの『内閣委員会』に入り、そこで国会議員の国政調査権を行使し、相撲協会に調査を入れる」

ことです。

国会議員が国政調査権を使って関係省庁に質問した場合、その省庁は回答する義務が生まれます。

貴乃花が相撲協会に対して国政調査権を使った場合は、有能な内閣府職員が徹底的に相撲協会を調査し、報告書を作成してくれるでしょう。

その報告書に基づいて、メスを入れるべき点を洗い出し、ざくざくと膿をえぐり出すことが可能です。

文部科学委員会もスポーツ分野のことを扱っていますが、この委員会の管轄は「文部科学行政、生涯学習、学校教育・科学技術及び学術の振興、科学技術の研究開発、文化、スポーツ振興、青少年」です。

この内容なら、昨今問題になっているパワハラ・モラハラについて言及するくらいがせいぜいでしょう。

財務のことまで相撲協会に切り込み、理事の首を全員すげ替えるくらいの心づもりで改革を断行するのなら、内閣委員会一択です。

しかし相撲協会を改革するといっても、その前提となる論点を整理し、きちんと理由づけをすることが必要です。

私情にかられて相撲協会に調査権を入れても「権力の濫用」と言われないよう、調査権ひとつ使うとしても合理的な理由と慎重さが求められます。

一歩間違えれば「特定の団体を弾圧している」なんて言われかねません。

それに、委員会にもランクがあり、当選1回目のぺーぺーが、いきなり国政の中枢の事務を扱う内閣府委員会に加われるかどうかは微妙なところです。

現在でも当選1回目の議員は、内閣委員会に2人入っていますが、人選は党が調整するのでなんとも言えません。

出馬の条件は、ぜひ「内閣委員会に入りたい」旨を伝えてみてください。

参議院議員の任期は6年なので、事を性急にせず、周囲と協調しながらゆっくりやればいいです。

常任委員と特別委員は、各会派の所属議員数の比率に応じて各会派に人数が割り当てられ、各会派からの希望者について議長の指名によって選任されます。

まず一期目は、「国会議員とは何をするのか」「まずは人の顔と名前を覚えろ」など、議員としてのイロハから勉強しろという意味合いで、国政にとって重要度の低い委員会を割り当てられる可能性が高いかも。

本来やりたいことに近づくには何年もかかります。

このことは、貴乃花も上下関係の序列の厳しい相撲界で学んできていると思いますが、それまでなんとか我慢してくださいね!

スポンサーリンク



元文科省大臣の馳浩議員に最初に挨拶に行った真意

貴乃花は必ず2019年の参議院議員選挙に出馬します。

だって相撲協会を退職して最初に会いに行った人が、衆議院議員の馳浩さん(自民党)ですよ。

馳浩さんはもとプロレスラーで、1995年に参議院議員選挙に当選して以来、現在まで23年間にわたって国会議員続けられている人です。

・もとスポーツ選手(プロレスラー)

・もと文部科学省大臣

という人生前半のカラーに応じたポストを割り当てられています。

出自・経歴といい、貴乃花が議員としてお手本としてなぞっていく姿としては最適な人です。

スポーツ出身の議員といってもピンキリですが馳浩議員は、

・アントニオ猪木氏のように変なパフォーマンスに走らず、

・谷亮子氏や橋本聖子氏のように実績皆無の人寄せパンダから卒業できて、

・今井絵理子氏のように不倫などして評判を地に落とさず、

地道に政界で生き残っている、珍しい人です。

初選挙から数えて8期も国会議員やっているので、党や派閥の中でそれなりの存在感を示しているのでしょう。

8期も国会議員やっているってすごいです。

与野党関係なく誰でも気さくに話す人なので調整力があるし、いじめや過労死、LGBT法案など、いわゆる弱者支援の立法などに熱心な人なので、スポーツ以外のことにもちゃんと目を向けています。

馳浩議員は大学を出ており、1年ほどですが高校の国語の先生をしているので、この時の経験が今につながっているのでしょう。

貴乃花、弟子は育成できてたけど雑談はできるのかなあ^^;。

ここのところのコツは、馳議員からぜひ教わって欲しいです。

経歴を読むと、1995年の初当選から15年くらいは「副本部長」や「副会長」なと「副」がつく役職が多いです。

「副」って、実質的な仕事はあんまりないんですよね。

大臣の席をゲットするまでにはこれくらいの時間が必要ということなのですが、貴乃花はこれを理解できているでしょうか。

この人をお手本にするということは、貴乃花は一期で消える「人寄せパンダ」「タレント議員」で終わるつもりはないということです。

「師匠は大事」ということを、身体で理解しているのかもしれません。

明確に言葉にしたかどうかはわかりませんが、この時の挨拶には

・「今後、ご指導とご教授願います」

・「当選後は自分の後ろ盾になってください」

・「政界の立ち居振る舞いやいろはを教えてください」

くらいの意味合いがあったことくらい、24年も衆議院議員をやっていいる人であれば、当然にその真意を汲み取ったはず。

10年くらい前から、後援会を通じて知り合い、一緒に食事をしたり相談に乗ったりと、お互い懇意にしていたようです。

中卒で相撲一筋できた貴乃花は、これからいちおう「ホワイトカラー」の仕事をするので、切り替えには苦労するかもしれません。

貴乃花の奥さんの景子さんは元キャスターですので、コツをつかめば国会答弁のシナリオを作るくらいのことは朝飯前のはず!

今度は一人で突っ走らず、周囲の力を上手に借りて泳いでいってほしいです。

まとめ:合法的にやりかえすのなら議員になろう

貴乃花は並みの人材ではありません。

比例選挙区に出馬すれば、50万票とれると計算されています。

参考として今までの獲得投票数を列挙してみれば、

アントニオ 2013 35万票
谷亮子   2010 35万票
今井絵理子 2016 31万票
橋本聖子  2013 28万票
貴乃花   2019? 50万票 +3~5議席 猪木超える?

これをほっておく自民党ではないでしょう。

「出馬して当選したらスポーツ関連のポストを与えることを約束する」と自民党から条件を提示されれば、貴乃花は乗るはずです。

貴乃花は出馬すればさくっと当選する人です。

しかし国政の重鎮のお偉方は、私人の立場としては貴乃花を好きでも、公人の立場としては「選挙のための人寄せパンダ」としか最初は見ないはず。

本当に失礼な話ですが、最初は仕方ありません。

人一倍勉強して、実績をつくって存在感を示してやればいいだけの話です。

貴乃花は言えないと思うので、僭越ながら私が代弁して相撲協会にお伝えします。

クビを洗って待っていろ八角。

安倍首相は好きではないので今まで自民党を避けて投票していたのですが、比例には自民党に入れてしまいますよこれは……く…くそう……

【参考】
貴乃花の顧問弁護士は誰?TMI法律事務所VSのぞみ法律事務所
花田景子さん離婚?!経済的に困窮する転落人生、お金のリアルに限界
貴乃花親方の退職・引退後は国会議員?2000万円稼げる仕事はあるの?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする