阿部力の現在の仕事は?上原多香子と不倫の禊は1年で終了、芸能界復帰へ

2017年8月、上原多香子さんの夫であったTENNさんの遺族によって遺書が公開され、上原多香子さんとW不倫が白日の下にさらされることとなり、日本中の大大大バッシングを受けたのは、阿部力さんでしたね。

TENNさんを自死に追い込んだ原因を作った人です。

管理人個人は、不倫については仕事や家庭に悪影響さえ及ぼさなければ、まあまあアリだと思っていますが、人ひとり亡くなっているので完全アウトです。結果が全て。

なんと脇の甘い情報管理。この2人に不倫なんて100万光年早いです。

あの不倫・自死騒動のあと、阿部力さんはどうしていたのでしょう?

調べてみました。

【参考】
上原多香子の歴代彼氏の時系列!ゲス不倫ついに月収が200万⇒収入0

スポンサーリンク



2017年9月から完全に干されていた

2018年10月、昔の恋人上原多香子さんは、舞台監督のコウカズヤさんとの再婚を発表しました。

つまり、阿部力さんは、上原さんと添い遂げられなかったんですね。

ちょっと阿部力さんのプロフィールを確認しましょう。

名 前:阿部 力(あべ・つよし)

※中国語圏での芸名は、李振冬(リー・ジェンドン)。

※通称「トントン」

出身地:中国・黒竜江省

国 籍:日本 ※「中国系日本人」というらしいです

身 長:175cm

血液型:A型

職 業:俳優

所属事務所:ホリプロ

中国人の父と日中ハーフの母を持つ阿部力さんは、9歳まで中国で育ちました。

18歳の頃、高校在学中に映画「人民公廁(PUBLIC TOILET)」の主演に大抜擢されデビュー。

2002年9月、台湾の辰星演繹經濟有限公司に所属し、李振冬(リー ジェンドン )という芸名で中国圏を拠点に芸能活動をしていましたが、その後、2005年に放送された「花より男子」に出演したことがきっかけで、日本でも注目を集めました。

阿部力さんの奥さんも中国人女優の「史可(クー・スー)」さんという方で、とても美人。

個人的には、奥さんの史可さんと別れられなかったからじゃないかなーと思ってます。

ほら、大陸の人って、有責配偶者に請求する慰謝料の額とかものすごそうだし。

奥さんとは2014年頃から別居同然との噂が流れていますが、本当のところはわかりません。

仕事については、2018年10月現在まで、一切のオファーなし。

また、阿部力さんは複数のSNSアカウントを持っています。

ホリプロの公式HP ⇒ 2016年を境に仕事なし

アメーバブログ ⇒ 2017年7月25日で更新停止

グリーブログ ⇒ 2017年5月30日で更新停止

インスタグラム ⇒ 2017年8月7日で更新停止

中国のブログ ⇒ 削除

台湾のブログ ⇒ 削除

TENNさんの遺書が公開されたのが2017年8月9日。

このあたりを境に、阿部力さんのすべてのSNSは更新を停止しており、現在に至るまで一言も余計なことを話してません。

中国語のSNSアカウントもあったのですが、2017年5月で更新されていませんでした。

上原さんとの不倫は、中国でも大きく報道されていたようです。

スポンサーリンク



遺書公開から1年経って禊期間終了、芸能活動再開へ

TENNさんの遺族によって遺書が公開されたのが2017年8月のことでした。

あれから約1年。

いぜんツイッターやインスタグラムは凍結されたままで余計なことは言ってませんが、水面下で静かに芸能界復帰の布石を打っていました。

2018年11月の舞台「ロミオとジュリエット」で芸能界復帰

そんな阿部力さんにも、一筋の光明が差し始めました。

芸能界復帰のお知らせです。

2018年末、舞台「ロミオとジュリエット」出演が決定したのです。

初演は東京の本多劇場で、公演期間は2018年11月20日~12月16日。

その後、新潟、大阪、愛知公演があります。

主役以外配役が明らかにされていないので、何を演じるのかまではわかりませんが、ロミオではないようです。

年齢とポスターの配置的に、ジュリエット側のキャピュレット家のティボルトあたりですかね。

2018年11月から舞台に出演することで芸能界復活の足がかりをひとつつくったところですが、このタイミングで元不倫相手の上原多香子さんの再婚報道です。

そのせいで、多少は薄れていた1年前の不倫イメージが復活してしまいました。

このコンディションの中で復活の舞台に出るというのも、なかなか間が悪いですね(笑)。

肌は合ってもタイミングは合わない仲のようですが、まあ頑張ってください。

映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』出演決定

さらに、2019年1月封切りの映画にも出演が決定しています。

まだ詳細はわかりませんが、宅間孝行監督・脚本、三上博史主演の映画です。

タイトルは『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』。

尋常じゃない長回しの固定カメラで映すワン・シチュエーション映画のようです。

物語の舞台は、歌舞伎町のラブホテル。

三上扮する警察官の間宮はビデオカメラをセットし、勤務中にもかかわらずデリヘル嬢の麗華とお楽しみ中。

そこへ間宮の妻で婦警の詩織が踏み込んできたため、取り乱した間宮は麗華を銃で撃ち、死体処理のためにヤクの売人ウォンが呼ばれる。

さらに麗華を探すデリヘルのマネージャー・小泉も現れる……。

登場人物全員が弱みを握られ、かつ、弱みを握っているという状況下でそれぞれの思惑と立場が交錯し、物語は一気に転がっていく……というあらすじ。

阿部力さんの役どころは、「ヤクの売人ウォン」あたりでしょうか。中国系ですし。

三上博史さんは岩井俊二監督の「スワロウテイル」で出演した姿をよく覚えています。

新しい映画情報で、出演キャストを見たとき、ワクワクするか、不快なイメージを連想するか……そういうのも実力のうちなんですけどね。

舞台も映画も、話題性を提供しているという点では、阿部力さんはきちんと貢献しているようです。

まとめ:中国に行けばよかったのに

せっかく中国や台湾でも活躍していた過去があるのに、人ひとり自死するまで追い込んでおいて、なんで日本で頑張るんですかね。

日本で俳優やる以前はもともと中国や台湾で活躍していたし、75%が中国系の血統なのでそちらに戻ったほうがいいと思うのですが、大陸の人ってこんなにメンタルが頑丈なものなのでしょうか。根性ありますね。

奥さんの史可さんが中国に根回ししているのか、実力的に大陸では通用しなかったのか。

たぶん日本円を稼げる旨みが一番の魅力だったんでしょうが。

中国・台湾・日本と3国を股にかけて俳優活動している人なので、そのうちのひとつの「日本の有名な女優」をつまみ食いした程度の感覚だったのかもしれません。

あと考えられるのは、事務所の契約の関係で、ただ単に契約解除の違約金を払えなかっただけかもしれませんね。

中国系男性は「メンツ」が何より大事なので、日本の元トップアイドルの上原さんをゲットしたことで「ウェーイ♫」となったのでしょうが、結果的にここまで名前を汚してしまい、名誉回復は容易ではないでしょう。

実力で汚名を雪ぐしかありませんが、当ブログは阿部力さんに対しては、あんまり応援しませんし期待もしてません。

【参考】
上原多香子の歴代彼氏の時系列!ゲス不倫ついに月収が200万⇒収入0

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たくま多香子 より:

    この方、中国のweibo 微博、にアカウント持ってますよ。
    ネット記者の方々、見てるはずです。
    中国語ですが、翻訳ソフトでザックりわかりますよ。

    それと、知ってる人は知ってますが、その映画って、宅間孝行のですよね。阿部と上原の不倫って、宅間の舞台「夕」の真っ最中なんですよね。この人、全部知ってて阿部を起用してると思うと、芸能界の闇にゾッとします。しかも、宅間と上原の不適切な関係疑惑もあり、宅間阿部兄弟説もどっかで読みましたよ。
    お互いに、色々隠すために、持ちつ持たれつなんだろうな、と思ったら、舞台や映画に金落とす気になれませんよね。
    辛辣な意見すいません。こないだまで宅間の作品に感動していたので、色々知ってムカついてしょうがないんです笑
    長文失礼いたしました。