逃げ恥連載再開、続編決定!いつからでどんな内容?ドラマ化ある?!

海野つなみさん原作の『逃げるは恥だが役に立つ』、通称『逃げ恥』のマンガ連載の再開が決定しました!!

1年10ヶ月ぶりに、みくりちゃんと平匡さんに会えます!

院卒ながら就職の機会に恵まれず、やむなく家事代行業の仕事に就いたみくり。

仕事や結婚といった大人ならではの問題をテーマに、気難しい津崎を「雇用主」として契約結婚をするという不思議な関係を描いたマンガ『逃げるは恥だが役に立つ』は、新垣結衣主演でドラマ化され、日本中を巻き込む大ヒットになりました。

話題の「百合ちゃん番外編」から1年10カ月!

数々の話題を提供し、 社会問題にもなった『逃げ恥』原作の、まさかまさかの続編です。

やっぱり気になるのは、ドラマ化があるのかどうか、ですよね。

このあたりを含めてまとめてみたいと思います。




続編はいつから読めるの?

みくりと平匡に再会できるのは、講談社の漫画雑誌『kiss』3月号からです。


↑↑現在、書店にはこの表紙の雑誌(2019年1月号)が並んでますが、こちらの「3月号」から連載再開です。同じ雑誌での連載です。

発売日は2019年1月25日(金)!!

※地方在住者は2019年1月28日(月)!!(涙)

「新シリーズ」ではなく、「再開」です。そのままみくりや平匡、ゆりちゃんたちその後に会うことができます。

2人のその後がずっと気になっていたのでうれしいですね!!

上記の「kiss」最新号の2019年1月号は、11月25日が発売日でした。

首都圏では、1日早く販売されるのですね、24日中に雑誌を購入した人たちが予告編を見てびっくり。

↓↓↓みくりと平匡さんだよ…………!!!

この予告を出すまで、一切黙っている講談社さんも作者の海野なつきさんもお人が悪い(><)!!

↓↓↓原作者の海野つなみさんは、ものすごい反響にさらっと肯定してます(笑)。

↓↓↓海野つなみさんの公式ブログより引用。

前回の連載が終わった時は、描きたいことは全部描いたなあと思っていました。

でも、その後、各地の男女共同参画センターで様々な先生方とトークセッションをさせてもらううちに、まだまだ描けていないことがあると思うようになりました。

最初は「連載しんどいし、誰かが描いてくれたらいいな~」とか思ってたんですけど、まあ、ゆうても自分で描かねばならんよな、ということになり。

自分で描くのであれば、小難しいことはさておき、まずはラブコメディーとして楽しいものを!という気持ちにもなり。

(略)

無事、大きなトラブルなく最後まで完走できますように。

皆様、来年1/25のKiss3月号を、どうかお楽しみに!

社会現象にもなり、さまざまな問題的の起爆剤にもなった『逃げ恥』。

この作品をきっかけに、いろいろな人に会って話し合う機会を持つうちに「まだ『逃げ恥』で描けることがあった」と気づいたのが再開のきっかけ。

ですので、基本路線の「ラブコメディ」らしさはしっかりおさえた上で、前作と同様にさりげなく、海野つなみさんらしい淡々とした小気味よいウィットを交えながら、問題提起していくテンポになるのではと思われます。

みくりと平匡さんに子供ができる?

続編というからには、前作の「結婚」の先にあるテーマがクローズアップされるんじゃないかと思います。

それはズバリ妊娠&出産+子育て。

子供を持ちながらの働き方、妊娠中の悩み、保育所問題、それに関する父親と母親の関わり方や働き方などが絡んでくるんじゃないかなーと。

みくりさんの脳内会議をまた見たいですね。

スポンサーリンク



ドラマ化はいつ?配役は?2021年以降?

気の早い話ですが、ファンにとってはもう既定路線ですよね、ドラマ化は(笑)。

しかし残念ですが、今のところドラマ化の公式発表はありません。

私はやっぱりドラマ化を強く望みます。

新垣結衣さんと星野源さんの組み合わせははずせません!!本当に初々しい、可愛いカップルでした。

原作の「逃げるは恥だが役に立つ」は、『Kiss』にて2012年11月より連載を開始し、2016年12月号までの約4年間連載されました。

話数は48話で、単行本は全9巻。

ドラマ化されたのは2016年10月~12月。

原作の話数が40話くらいたまってからのドラマ化決定で、それから数ヶ月かけて、原作とドラマが同時にフィニッシュしました。

40話って、月刊誌で言ったら3年ちょっとでっせorz。それを3ヶ月で一気にドラマ化しかたらこその、あのテンポの良さと内容の濃さだったのですね…。

ですので、原作に沿ってドラマ化するには、ちょっと時間を待たなければならないのではないかと思います。

だって、原作の話数がある程度たまらないとドラマ化できない!!

2年くらいは先なんじゃないでしょうか、ドラマ化は2021年頃??

『逃げ恥』のドラマは2016年秋クールで、この時主演の新垣結衣さんは28歳、星野源さんは35歳。

今から3年経った2021年ドラマ化としたら、新垣結衣さん33歳と星野源さん40歳!

原作の内容にもよりますし、もし子供ができているのなら何歳スタートかにもよりますが、でもかなりイケるんじゃないでしょうか。

原作は「続編」でも、ドラマではもしかしたら配役は変わってリニューアルになるるかもしれませんが……。

これだけ続編を望まれている大人気作品ですし、ある程度の連載の話数がたまったところで原作の流れを踏まえつつ、特別編として単発のドラマ化はあるのではないかと予測しています。

ある程度話数がたまるまでは、「年末の特別スペシャルドラマ」枠で放映してくれたら嬉しいですね。

月刊誌で連載というのが、やはりちょっと遅いですよねえ^^;。




星野源さん、続編に出演拒否?仕事を選びすぎ?

ドラマ化される場合、少なくとも星野源さんは消極的です。

制作サイドであるTBSは、星野源さんに続編オファーを出したそうですが、「これからは民放に出る機会を減らし、映画やNHK、音楽を中心とした活動にシフト」する意向のようです。

星野さんはもともと上昇志向が強く、『逃げ恥』と歌で売れてきてから、さらに仕事を選ぶようになってきているようです。

もともと裏方にも口を出すタイプで気難しいところがあり、仕事熱心な証拠でもありますが、業界内でちょっと不評であるのも事実なよう。

大ヒットしただけに、自分のイメージを保守し、『星野源』というブランド戦略を優先して露出媒体を選んでいる様子です、けっこうしっかりしてますね^^;。

星野源さんと、新垣結衣さんの交際が報道されたこともあり、これはタレントにとってはマイナスイメージなので、そのままキャストに起用することもできないのでしょう。

新垣サイドは続編にノリノリのようでしたので、少なくとも、平匡さんは、別キャストになる可能性が濃厚です。

ほかにも、

・星野さんと新垣さんがが同棲しているという噂がある(マンションがすぐ近く!)

・プロデューサーが前作現場スタッフとの仕事上の問題で人事異動になっている

といった事情から、続編が危ぶまれています。

ツイート大反響

細かいこと省きますが、とにかく大反響です。

まとめ:百合ちゃーん!!

逃げ恥を改めて思い返すと、人間関係や自分自身、相手、仕事など、色々考えさせられました。

短編で番外編、とかじゃないあたりがスゴイ連載です!

日本中が恋ダンスを踊り、小池都知事もどこかの外国の大使婦人も恋ダンスを踊るというビッグブームを巻き起こした作品です、プレッシャーも相当あると思います。

海野つなみ先生、ほんとによく決断してくださったな、と思います。

私はとにかく百合ちゃんと風見くんのカップルがめっちゃくちゃ好きで、番外編の最後のコマの意味を3時間くらいかけて考えてました(笑)。

原作も、かなりの割合で百合ちゃんを追いかけると思います。

とにかく、来年1月下旬は『kiss』を買いに書店に走ります!!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする