水野美紀の旦那の唐橋充は変わり者!晩婚はストライクゾーンを広く取る

水野美紀さんといえば、なんといっても代表作『踊る大捜査線』の柏木雪乃役で一躍有名になりましたね!

あの柏木雪乃役の儚げで透明感のある演技の印象が強かったのですが、実は相当のマッチョなメンタリティの持ち主だったことがわかって管理人はいい意味で期待を裏切られました。

テレビや映画はもちろん、舞台にアクションに執筆に、多方面で非常にパワフルに活躍している女優さんです。

もともと芸能界の最大手・バーニングプロダクションに属していましたが、水野美紀さんがやりたい方向と事務所の方針が合わず、2005年秋に勝手に独立。強ええ。

「芸能界のドン」を怒らせてしまったので、2006年と2007年は完全に「干された」状態で、すっぽりと仕事がありません。

2010年公開の映画「踊る大捜査線3」には、柏木雪乃は産休中という設定で、水野美紀さんの代わりにバーニング所属の内田有紀さんが代わりに出演するという、わかりやすい報復を受けてしまいました。陰険だなあ…orz

その後、水野美紀さん自身がバーニング社長に謝罪し、織田裕二さんの口添えもあり和解、2012年の『踊る大捜査線 THE FINAL』に無事出演、2013年にはテレビに返り咲いています。

そんな水野さんは2016年42歳にして結婚し、43歳で高齢出産も経験しています。

スポンサーリンク



水野美紀さんの結婚相手とのなれそめは?

まずは、水野さんのプロフィールを確認。

本名 水野 美紀
生年月日 1974年6月28日(2018年で44歳)
出生地 香川県高松市
身長 168 cm
血液型 B型
配偶者 唐橋充
事務所 バーニング⇒オフィス・モレ

美人だなーと思っていたら、お祖父さんがドイツ人とのクオーターだったそうで、あちらの血が混じっているのですね。

小さい頃から少林寺拳法や太極拳を習っていて、もともとはアクション女優志望でした。

体つきがしっかりして安定しているのは、日頃からトレーニングで身体を鍛えているからです。

「踊る大捜査線」のイメージとはかけ離れた夢を持っていた女優さんだったので、あの独立騒動になってしまったのですね。生身の水野さんを知る人は、「とても男前な性格」と口を揃えて証言しています。

男性関係に関しても積極的で、伊藤英明さん、オダギリジョーさん、北村幸有起哉さんなどと恋の浮名を流しています。

ともさかりえさんの旦那さんとも、一時期不倫報道を流されたこともあります。

水野美紀さんは2016年6月28日の、ご自分の42歳の誕生日に結婚しています。

2人の出会いは2016年3月中旬、4月に交際に発展したというスピード婚で、お相手はイラストレーター兼俳優の唐橋充さん。

水野さんは芸能界を干されていた2007年に劇団ユニット『プロペラ犬』を立ち上げており、この劇団のロゴを、唐橋充さんに依頼したことが出会いのきっかけです。

1回も食事に行かず、4度目の対面で結婚を決めたというのですからすごいです。

しかもその4度の対面というのも、そのロゴ作成の打ち合わせという内容で、

・ロゴの発注で1回、

・下書きの確認で2回、

・4回目はロゴを納品する日。

この4回目の打ち合わせの時に、渋谷の小さな喫茶店に唐橋さんは水野さんを呼び出し、「呼び出した理由は『発注を受けていたあなたの劇団のロゴができました』って言って、ロゴを納品しました。

「結婚しないんだったら付き合ってもしょうがない」と考えていた水野さんと、当時「39歳で、結婚をすごく意識していた」唐橋が出会い、「タイミングがちょうどうまく合った」結果、出会って4回目の時にプロポーズされました。

水野さんは、唐橋さんと出会った時に、もう結婚していっしょに生活する姿はイメージできていたそうで、もちろん快諾しました。

スポンサーリンク



唐橋充さんはどんな人?

唐沢さんはこんな人。

生年月日 1977年5月30日
(2018年で41歳)
出生地  福島県
身長 178cm
血液型 B型
職業 俳優・イラストレーター
配偶者 水野美紀
事務所 オフィス・モレ

多くの才能がある人で、活躍の場面は主に舞台、テレビでは仮面ライダーシリーズに多く出ています。

最近は、イラストレーターの収入の方が、俳優として稼ぐよりもいいのでは?と言われるほど好調です。

電撃婚だったけに、結婚後にお互い相手のことが初めてわかったそうで。

男っぽい性格で超せっかちな水野さんと、きちんとやらないと気が済まず、時間をかけて仕上げるタイプ唐橋さんは、とにかく正反対のキャラ。

唐橋さんは水野より3歳年下で、ヒザや腰、粘膜、首や内蔵も弱い虚弱体質。

こういった対しのためか、こだわりの多すぎる夫に対し、水野さんが「唐橋ガラパゴスルール」と呼ぶ約50個のルールがあります。

主なものを並べると、以下のとおり。

・冷暖房は使わない

・加湿器は1部屋1台など

・食事中に何度もリップクリームを塗る

・食事では歯がかけるほど噛み続ける

・食べ物をジュース上になるまで噛み続ける

・口いっぱいに食べ物をほお張り、長時間食べ物を噛み続ける

・1日アイスを6個食べる

・ジュースはストレート果汁のみ

・パンとアイスが主食

・“大”を漏らす癖がある

・タクシーを降りるタイミングでメーターが上がったら、加算分は支払い拒否

この唐橋さんルール、本人が頑なに厳守していて、どんなに寒くても毛布や寝袋を着込んで暖房はつけずに窓を開け放って仕事をするため、翌朝になって机の下で凍えていたこともあるとか。

また、歯医者からも「噛みすぎ」と注意を受けているそうで、唐橋さんは仮歯があちこちに入っているのですが、結婚してからその仮歯も3回は割れているという……。

……確かにこれは、40代の女性しか受け止められない男性ですね。

ほかにも人よりアドレナリンが多いのか、ハイテンションを長時間維持可能で、家ではずっといられるずっとしゃべっているそう。

パッと思いついて急な動きをするので、家中の角にぶつかったりあわてんぼうな挙動も多く、アスペルガーっぽいのでは?とも指摘されています。

水野さんは毎日驚きと爆笑の連続のようで、「珍獣を観察している感じ」と、新婚生活を楽しんでいるし、唐橋さんは水野さんのことを「美紀さんは心身ともに強すぎる!」と賞賛しており、夫婦仲はたいへん良好のようです。

水野美紀さん、高齢出産

水野美紀さんは43歳の時に高齢出産で子供をひとり出産しています。

出産は、「和室で紐を引っ張りながら産む」という昔ながらの方法で、この出産方法を選択した理由は、「時代劇で見たことあるその出産方法に憧れを抱いていた」ということらしいです。

唐橋さんはつきっきりで付き添っていて、最終的には四つん這いになって赤ちゃんを産みました。

唐橋さん、本格的にタレント進出か

2018年に入り、唐橋さんはマツコ・デラックスさんの番組に出演しています。

キャッチフレーズは『嫁に売れてこいと言われて来た男』。

水野さんから「まずは顔を売れ!」と言われたそうで、ぎっくり腰を抱えながらの登場に、マツコさんは大喜び(笑)。

唐橋さんにはこれまでにも番組側から出演オファーがあったのですが、がトークに自信がないため出演を辞退し続けていました。

俳優なのに唐橋さんは別に有名になるつもりはなく、自分のアウトっぷりのせいで、逆に水野さんの評判が下がるのが本当に嫌だと話していました。

まとめ:相手に対してストライクゾーンを広く取れるくらい実力を磨く

清楚な外見とは裏はらに、かなり男前で頑固なことで知られる水野美紀さんは、2013年には大手芸能プロ・ケイダッシュと業務提携に成功し、現在は完全復調です。

結婚後は何かふっきれたのか、テレビ朝日系『奪い愛、冬』でホラーさながらのこわーい悪女役を怪演。「見てたよ~」のシーンは、真似する人が続出。

最近は個性派女優に変身しつつあり、正ヒロインのような清純派優等生キャラは嫌われやすい傾向があり、本音をしっかり発散するダークヒロインのほうが好かれるため、水野さんのような女優さんの需要は高まりつつあります。

以前の清純派女優の印象が強い視聴者からは「こじらせ美人」「残念美女」といったあだ名を付けられてしまっていますが、これは、唐橋さんと結婚した影響があるからかもしれません。

いや残念なんかなじゃいですよ、これが水野さんの真骨頂でしょ。

現在は「あなたは渡さない」というドラマに出ていますが、嫉妬に燃える女の怨念の恐ろしさが、一周回ってコミカルにさえ見え、実にいい味を出してまして、管理人はこのドラマを毎週楽しみにしています。

外野の声などに耳を貸さず、我が道を究めてほしいと思います。

不思議な配偶者を得て、ますます妖しく輝く水野美紀さんに、これからも注目です!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする