朝鮮半島統一シナリオ 北朝鮮が開国したら半島は大発展する

韓国の文在寅大統領が、最近ひじょーに強気です。

これはもう、本格的に日本を仮想敵国とみなしているとしか思えません。

この理由はひとつしかありません、中国です。

中国を中心に、韓国と北朝鮮が水面下でマジでまとまりつつあるのではないでしょうか。

日本の総理大臣は「オレはオリンピックまで安泰だったらいいや( ̄ρ ̄)」だし、アメリカの大統領も「シラネ(゚⊿゚)」だしで、東アジアにおける日本とアメリカの影響力がどんどん弱まってます。

このスキに、中国を後ろ盾としたかたちで南北の朝鮮半島統一が、数年以内に、本当に成立するかもしれません。

いま、先進国の経済状態は停滞していますが、そろそろ来るぞと言われているリーマンショック級の株価暴落がおきても、現時点で未開の荒野である北朝鮮は、あまり影響を受けません。

そして思い出してください、150年前に鎖国の日本が開国したあと、そして30年前に中国市場が開放されたあと、両国の経済がどうなったかを。

同じことが、北朝鮮で起こるかもしれません。

投資先を探してさまよっていた世界中の資本が、いっきに北朝鮮に集中します。

こういう話題を出すと露骨な嫌悪感を示す人が多いですが、私だって似たようなもの。正直言っておもしろくないです。

しかし、変化を恐れていたら、本当に日本は中韓に侵略されてしまうのですよ。現実は現実として受け入れる気持ちの準備はしたほうがいいと思うのです。

日本の首相がもっとしっかりしてくれさえすれば、私たちもこんなに不安を感じることはなく、「大変化を楽しんでやるぜ!」くらいの気概を持てるんですけどね……(ため息)。

【参考】

朝鮮半島の悲惨な歴史の真実をわかりやすく解説 中国2000年日本50年

韓国大統領の末路の一覧 なぜ彼らは歴代血祭りにあげられるか

スポンサーリンク



朝鮮半島統一のシナリオ

南北朝鮮が統一されたら、どのようなことが起こるかを考えてみました。

いきなり統一するわけでなく、段階的に少しずつ間口を広げていくことになるでしょう。

1 北朝鮮ツーリズムの開放

まず解放されるのは、北朝鮮の観光ツーリズムだと思います。

80年間世界中から経済制裁を受け、鎖国と同じ状態で閉ざされていた国です。

1世紀近く閉ざされていた国に、あなたは興味ありませんか?私は見に行きたい。

韓国も他国と同じく経済的に危うく、北朝鮮経済はボロボロですが、まずは観光業で外貨をゲットし、復興の財源に充てるでしょう。

2 食料・物資の援助

北朝鮮の各産業は壊滅的で、あらゆる物資が不足していて、国民が飢えています。

半島を統一し、北部の人々を世界の舞台に引き入れるには、かれらの不信感と敵意を払拭しなければなりません。

そのためには、安定した食料供給・物資支援を長期間にわたって継続する必要があります。

韓国だけではまかなえないでしょうから、世界中からの支援が必要でしょう。

もちろん日本からも支援することになるでしょうが、その後の市場参入の優先利権など、ちゃんと交換条件を出してほしいものです。

3 土地状況の調査・土地レンタル開始

北朝鮮の土地は、すべて「国有」です。

中国では土地のすべてを政府が所有していて、中国の民が購入できるのは、土地と建物を70年間使用する権利のみです。

高いローンを組んで買った不動産も、厳密は政府という大家さんに借りているだけです。

北朝鮮の土地も中国と同様に、とりあえずは「使用権」のみを解放することになるのでしょうか。

そのままほうっておけば外国の企業や外国人が買い占めますが、そこは韓国や中国企業を優先したり、「○○特区」を設けて区画制限をかけるでしょう。

土地の一部をまず貸し出し、その使用料収入をもって、これも復興財源に充てます。

4 戸籍調査

食糧支援や物資援助、土地整理を行うなら、並行して戸籍調査をして、北朝鮮の人たちの状況を正確に把握する必要があります。

北朝鮮の各種統計は、総書記のメンツを守るために、おそらくかなり盛ってます。

正確なデータの把握が必須です。

スポンサーリンク



5 インフラ整備

まずは、本格的な復興事業を行うための環境を整えることが最優先です。

道路網、鉄道網、上下水道、発電所、ガスのパイプラインなどなどなど、やらなければならないことは目白押しです。

しっかりした技術を持った企業が、ぞくぞくと北朝鮮に入ってくることでしょう。

6 農林水産業の復興

経済制裁を受けているため、北朝鮮には技術も入ってこないんでしたっけ。

核兵器を開発する技術の輸入を優先していましたよね。

アメリカの影響力が強い間は軍事力の拡張に注力する必要はありましたが、トランプ大統領になったのだから、もう優先順位を変更するべきでしょう。

北朝鮮があれほど不毛の国になったのは、治水がうまくいかなくて、川が暴れ山が崩れ畑も荒れ、どうにもならなくなったからです。

7 第2次・第3次産業の復興

第1次産業と同様に、未開拓の分野ですが、北朝鮮には豊富な資源があるといわれています。

北朝鮮はひそかに工業団地を整備・稼働させていて、そこに韓国が電力を供給すると2018年8月にニュースになりました。

韓国との国境に隣接している、開城工業団地のことで、開国の準備は着々と進んでいるのではないでしょうか。

8 軍隊の大規模な再編成

韓国軍と北朝鮮軍は、かなり縮小されるはず。

かれらは中国に戦争をしかけるつもりは毛頭ないし、すぐに日本にちょっかい出してきたりはしないでしょう。

南北に対するおたがいの侵攻に備えるための軍隊ですから、戦争をする理由がなくなったら大幅な人員削減を行い、放出された元軍人は、各産業復興のための人手に回ります。

人ではいくらあっても足りないという状況がしばらく続きます。

ペンペン草しか生えていない北朝鮮を近代国家にするための事業が、どっかんどっかん降るよーに入ってくるのです、働き口はいくらでもあります。

これで朝鮮半島の人々の雇用が確保されます。

近隣諸国からも出稼ぎの人が集中するかもしれません。もちろん日本からも。

9 少子化の解決

南北統一事業によって朝鮮半島の景気が良くなると考えるのは、人口が増えるからです。もうこれにつきます。

北側の貧しい人たちは、豊かな生活を求めてこぞって南に来たいと思っているでしょう。

そして、韓国も国民の高学歴化による少子高齢化が進んでいて、「子供を産みたい」と思う女性がとても少ない。

農家の後継ぎは結婚できないことも日本と同じで、ベトナムやフィリピンに女性を探しに行っている状況で、自分の国ではお嫁さんが見つからないのです。

ここに、生活を保証してくれる条件で北側の女性が流れ込んだらどうなるでしょう。北朝鮮の女性は、ふつうに子供を欲しがります。

国家の凋落の原因は、少子化です。

南北朝鮮の統一によって、この少子化の流れが止まり、長期にわたって経済が発展する可能性が高まるのです。

スポンサーリンク



10 難民救済事業

私も昔はいろいろと朝鮮半島関係の本を読みましたが、とにかく虐げられた国民というのが朝鮮半島の周辺には実に多い。

悪名高い収容所の政治犯、脱北者、寡婦、孤児……北朝鮮には適切な教育を施されず、家と土地を奪われて追い出された貧しい人たちがたくさんいます。

そういえば朝鮮半島の日本統治時代に日本本土へ来たり、韓国政府による虐殺(済州島4・3事件)から逃れたり、第二次世界大戦後の出稼ぎや朝鮮戦争の勃発などにより密入国し、そのまま日本に居留した在日朝鮮人の方々がたくさん日本におりますが、この人たちはどうなるのでしょう。

元韓国人や、在日朝鮮人の人たちは別として、もともと北朝鮮で生活していた人たちは、統一事業のための「大量の安い労働力」になるでしょう。

しかし、かれらも統一事業を支える貴重な人員です。

・きちんと人権に配慮して

・差別なく

面倒をみてほしいのですが、大丈夫ですかここらへん。

11 貨幣制度の統一

北朝鮮では「朝鮮民主主義人民共和国ウォン」という通貨が流通していますが、北朝鮮のウォンはあくまで現地人のみが使用する通貨です。

北朝鮮国内では現在、実質的に米ドルやユーロが使用されており、国際的には北朝鮮ウォンにはほぼ価値がありません。

北朝鮮ウォンには公式レート(1ドル=150ウォン)なるものがあるのですが、闇レートはこの20~30分の1とか。

適正なレートなど、あってないようなもので、北朝鮮はあのような国ですから、レートが常に悪くなっていると思います。

これをどう兌換するのかが大問題。

日本でも戦後行われた、預金封鎖・新円切替のような措置がとられるかもしれませんが、混乱がないよう配慮して欲しいものです。

12 統一国家としてのアイデンティティの統一

もともと同じ民族で同じ言語を使い、同じ生活習慣を持つのですが、80年間も分断されていた意識の食い違いを是正するのは並大抵の困難ではないでしょう。

もし半島が統一したら、国名はどうなるんでしょうね。

「統一朝鮮共和国(Unification Korean republic)」あたりが妥当でしょうか。

初代大統領は、北の将軍様になるんでしょうか……韓国の大統領はいまいち頼りないんですよね。

アメリカ憎し、日本憎しで北朝鮮体制への不満を逸らしてきた金体制ですが、統一直後は北側と南側の2重体制になるかもしれません。

将軍様一家は、アメリカのケネディ家のように、国家の名門一家として残っていくのでしょうか。

13 行政機関などのシステムの統一

これは韓国側のシステムに合わせるのではないでしょうか。

まあ、膨大な経費がかかりますね。

スポンサーリンク



14 教育の統一

アイデンティティの統一の方向性が決まったら、次は教育です。

で、チュチェ(主体)思想はどうなるんでしょう。

世界のお仲間になるということは、世界中の情報の行き来を自由にし、近代的な国家観や人権に配慮した意識を取り入れることも含まれます。

人間ってけっこうしたたかですから、「将軍様あー!」とラブラブするのは表面だけで、うまく体制に合わせているだけの北朝鮮人も多いはず。

どっぷり洗脳されちゃっている人ももちろんいますが、そういった場合は豊かな生活を提供してあげれば、けっこうあっさり考えが変わると思うんですけど。

実際に自分の生活が豊かにさえなれば、おかしな思想をいつまでも握り締めている人は少ないはずです。全員ではないと思いますが。

で、行き場をなくした元北朝鮮の人々の鬱憤のはけ口はもちろん日本ですよね。お約束ですよねorz。

教育には大変な時間がかかりますが、実は北朝鮮は、有能な国民を世界に派遣していて、その国の知識や技術を学んで持ち帰るなど、開国の準備を着々と進めています。

いいかげん日本を敵視する教育はやめてほしいですけどね。

15 初代大統領は?

北と南のどちらの指導者が統一朝鮮の指導者になるのかと問われれば、わたしは北の将軍様なんじゃないかと思います(もちろん世襲はなしで)。

金正恩は、幼少期はスイスで生活し、先進的な教育を受けた人です。

そして側近たちも、北京やモスクワに駐在したこともあり、「外の世界」を知っています。

上でもちらりと書きましたが、「半島の名門一家」「王室」化するのか、世界中に人脈があるので、金一家は数世代の間は「財閥化」するかもしれません。

半島の共産化は……どうなるんでしょうね、香港みたいに一国二制度になるんじゃないでしょうか。

まとめ:文在寅大統領の両親は北朝鮮出身

「統一すれば超国家」も非現実的な話ではないですが、あくまでそれも「中国の影響下で」という条件が付きます。

長年の韓国ウォッチャーとしての経験から、まず半島単独では国家の運営はできないでしょう。

海から攻められるし大陸とつながっているしで、地政学的に国ひとつを維持することが非常に難しいんですよ。

中国に恭順して安泰を約束してもらい、自国民には高圧的にふるまうことが、伝統的な朝鮮半島の支配層の国家運営術です。

しかし朝鮮半島の方々の本音も、日本よりはやっぱり中国側につきたいと思っていると、私は考えます。

朝鮮半島の統一は、10年前は韓国ウォッチャーのネタのひとつだったのですが、日本の弱体化とアメリカの無関心で、情勢ががらりと変わってきました。

朝鮮半島の歴代国家は、有史以来ずーーーーーっと中国の属国で、精神的には日本より中国に対する感情の方がずっと近く、中国主導で南北統一が果たされるのなら、半島にとってこれほどラクなことはありません。

アメリカの出方次第(在韓米軍)で統一事業がパアになる可能性も大きいのですが^^;、半島情勢に注視しつつ、いずれ東アジアを席巻する大変化を楽しむ準備をしておきましょう。

世界各国の企業や投資家は、北朝鮮の市場が解放されるのを、今か今かと待っています。

過去に「統一事業の資金はぜんぶ日本負担」なんて韓国掲示板で発言した人がいて、掲示板が大荒れに荒れましたが、たぶんその心配はありません。

儲けたい世界中の投資家が、北朝鮮の開発に資金を落としてくれます。

この波に乗れる人は、乗ったほうがいいです。

長い間いろいろちょっかい出されてきた、大人しい日本にとっては驚異ですが、見方を変えれば日本経済復興・延命のチャンスです。

で、願わくは、安倍首相(←もうダメ)の次の人はしっかりした人に総理大臣に就任してもらいたいです。

※参考:ジム・ロジャース『お金の流れで読む 日本と世界の未来』(PHP新書)

【参考】

朝鮮半島の悲惨な歴史の真実をわかりやすく解説 中国2000年日本50年

韓国大統領の末路の一覧 なぜ彼らは歴代血祭りにあげられるか

スポンサーリンク





シェアする

フォローする