三崎優太・青汁王子の経歴や年収資産、国税に狙われた理由

「青汁王子」こと三崎優太さんという青年実業家が、脱税で逮捕されました。

まだ30歳という若さながら、「メディアハーツ」という会社の社長さんです。

三崎さんは、レッドオーシャン中のレッドオーシャンの健康食品市場の中でも、特に赤い血の地獄に漂う青汁業界において、大ヒット商品「すっきりフルーツ青汁」を生み出した猛者。

健康・ダイエット志向の若い女性の間で大評判、累計6000万本以上を売り上げ、年商約130億円までに急成長した会社です。

そういえば、私でも聞いたことあるような……。

青年実業家がどんどんビジネスを推進していくのは頼もしいことですが、法人税約1億4000万円と、消費税約4000万円の脱税容疑で、東京地検特捜部に逮捕されてしまいました。

架空の広告宣伝費を、会社名義の口座に入金させ、キックバックさせていたとのことです。

1000万円の腕時計を、泣いて落ち込んでいる自分の会社の社員にあげたなどの派手な話題で有名でしたが、どんな社長さんだったのでしょう?

私は三崎優太さんに、ものすごい与沢翼さんを感じました。

【参考】

与沢翼の現在は?破産したくらいで人は死なない!何度でも蘇るさ

スポンサーリンク



青汁王子(三崎優太)のプロフィール

何はともあれ、まずはプロフィールを確認。

誕生日 1989年3月29日(2019年で30歳)
出身地 北海道北見市
職 業 株式会社メディアハーツ代表取締役
学 歴 中卒
・全日制高校・中退
・定時制高校・中退
活動拠点 東京都

三崎さんは北海道北見市生まれ。

高校進学をきっかけに札幌の学生会館で生活していましたが、高校を2回中退しています。

全日制高校はすぐ中退、その後に入り直した定時制高校も続かなかったことが原因で、引きこもっていた時期がありました。

もともとは弁護士をめざして勉強していたため、夢が破れてしまったんですね。

学生時代は根暗で友達もできなかったそうです。

沈んだ気持ちで昼間の繁華街を歩いていた時、定職に就かないで街中をふらふらしている父親と同じ年頃の男性を見て、「ああはなりたくない」「父親のようにしっかりした個人事業主になりたい」「とにかくモテたい」と危機感を抱いて一念発起。

この時にインターネット上で広告収益を得るアフィリエイト事業を行い、月収約400万円、年数千万円の収益を得ていました。すごい……。

内容は、どうやらゲーム攻略サイトだった様子。

この青汁事業を手がける株式会社メディアハーツも、このアフィリエイト事業の莫大な利益を隠すために設立された会社だとか。

その後、さらに2010年頃にFXで大成功、約7年間ためこんだ潤沢な資金をもって、2014年には美容通販業界に参入しました。

若い女性をターゲットに開発した「すっきりフルーツ青汁」が大ヒット、2017年10月23日時点で累計1億3,000万本を超える売上を記録。

三崎さんは、ネットを使ってどのようにアプローチしたら、若い女性が商品を買うかを見極める術に、とても長けていました。

ちなみにこの商品、辛口コメンテーターで大人気の落語家、立川志らくさんが愛飲していて、「この青汁本当に効くの?」と心配していました(笑)。

この頃、「イケメン社長」として話題になり、2017年上半期のテレビ番組「賢者ファビウスの定理」にレギュラー出演しています。

大阪を拠点に活動するシンガー・ROYALcomfortの新曲『花束を君だけに~Brightness standard~』のMVにおいて、ゆりやんレトリバァと、その彼氏訳として三崎優太さんが出演しています。

2017年仮想通貨で10万円を2億円に

特に話題になったのが、2017年の仮想通貨ブームにおいて、この時期に三崎さんは多くの利益を出しています。

特に利益が出たのはICO(Initial Coin Offering)というもので、これは企業やプロジェクトが株式ではなく独自コイン(トークン)を発行することによって、資金調達を行うもの。

まだ取引の始まっていない未公開の仮想通貨を、最安値で購入することで大きな利益を出しました。

ようするに、日本で公開されていない仮想通貨の先回り買いをしていたということです。

リリース目前の銘柄を調べ、実体がないものや詐欺まがいの案件に十分に注意し、ツイッターで情報収集、そして値動きを細かくチェックしないことがコツだとか。

その他、株の利益も含めると、2016年頃の年収は約3億円に届き、2017年頃には年商130億円、年収10億円超えの超セレブイケメン社長に。

ほぼ「月収1億円」のすごい青年となりました。

スポンサーリンク



国税に目をつけられた原因

三崎優太さんは、凄腕の会社経営者としても有名ですが、一方では豪快なプライベートの金使いをTVでアピールして、派手なパフォーマンスに走っていました。

本当のお金持ちというのは、昔からお金の事には言及せず、質素な身なりで暮らしていました。

その理由は、詐欺や泥棒などの犯罪にあわないためであったり、良からぬ輩を寄せ付けないためと、あとは国税に目をつけられないためです。

三崎優太さんは、若いせいもあるでしょうが、高額な年収を手にしたとたん、派手に遊びすぎて国税に目をつけられていたようです。

どのような遊び方をしていたのでしょうか。

加藤紗里さんの大ファン

三崎さんは、将来の夢として、「将来、大女優と結婚したい」というものがありました。

微笑ましいというかなんというか、けっこうピュアですね(笑)。

その大女優とは誰?と聞かれると、三崎さんは加藤沙里さん、と答えています。

加藤沙里さんは、ムツゴロウさんを尊敬するファッションタレントで、もちろん美人で、肉食系の小悪魔っぽい魅力の持ち主。

嘘か本当かはわかりませんが、あるバラエティ番組の中で、「今の彼氏は45万円の家賃と100万円の生活費を払ってくれている」とコメントしていました。

テレビ番組の中で実際に加藤沙里さんと会えた山崎さんはもうメロメロで、「じゃあ毎月200万円払う」と即答していました。

別の番組では、AKB48の峯岸みなみさんと会ってみたいともコメントしております。

家賃100万円の高級タワーマンションに高級車

・港区高級タワーマンションの家賃100万円(1LDK約140㎡)

※別途400万円のソファ、200万円のイス、150万円のバイオエタノール暖炉、内装費3000万円

・別荘9000万円

車に対するこだわりもすごいです。

・ベントレーベンティガ 4000万円(うちカスタム代金1000万円)

・フェラーリ488スパイダー 4200万円

・BMW i8 2000万円

4頭の馬をキャッシュで購入

三崎さんは、馬にロマンを感じて2018年に2億2400万円で馬を4頭購入しています。

内訳は次のとおり。

ベガスナイト2017 1億1000万円
レインダンス2017   3000万円
ディラローシェ2017   5800万円
リュナティク2017   2600万円

この金額を、一括でキャッシュで振込みました。

ほかにも三崎さんは別の馬を所有しており、そちらの馬にはタレントの名倉潤さんが名付け親になりました。

その馬は、名倉さんはナスが大好きだということで、英語でナスという意味の「エッグプラント」と名付けられました。

JRAの馬主になるためには厳しい審査があり、

・安定した職業に就いている

・反社会的組織と関わりがない

・年収が2年間で平均1700万円

・資産が7500万円以上

という、厳しい条件が課せられます。

なお、1頭当たりの維持費は月60万円。

4頭も馬を所有するとなると、毎月240万円、1年で2880万円の維持費がかかるということです、すごいですね……。

今回の逮捕により、場主資格はどうなるのでしょう。

日本中央競馬会施行規程では、禁錮以上の刑が確定した場合には取消されるため、競馬界もダメージを受けています。




ストラディバリウスの落札に意欲

少し前に話題になっていましたが、ヤフオクに出品されていた8億8000万円のバイオリンを「これ買う、全力で買う」とツイートしていました。

結局は落札できなかったようですが、ZOZOの前沢社長に憧れていたのでしょうか。

海外移住計画が引き金か

三崎さんは、つい最近、ツイッターで海外移住を決断したことをツイートしています。

あちゃー。海外逃亡するって思われたんでしょうね。

実際、逮捕される5日前に三崎さんはテレビに生出演していて、「2018年末に日本を出て、マルタ共和国で暮らしています、とコメントしていました。

マルタ共和国は税金の安いタックスヘイブン国として知らています。

このツイートの4ヶ月ほど前の2018年8月下旬、三崎さんはテレビで自分の給与明細を公開していました。

給与明細では約5千万円が所得税や住民税などで天引きされ、手取りは5146万円。

ネットでは「さすがに引かれすぎではないか」「節税対策はどうなってるの」などの声があがっていましたが、海外に移住すれば、住民税は払わなくてすむのです。

保釈金、6000万円

2019年3月5日、三崎さんは東京拘置所から保釈されました。

保釈金はなんと6000万円。

ぽーんと払えるだけの貯金、あったんですね……。

まとめ:与沢翼さんのミニチュア

どうもメディアハーツは、以前から何度か国税庁に調査に入られてたようですが、この時三崎さんは、国税を小馬鹿にする態度を取ったようなのです……。

今回の逮捕に関しては、脱税額がそれほど多くなく、手口も経費の水増しとよくあるキックバック手法で、悪質性も高くありません。

余罪があるのかもしれませんが、他には態度や情状面が悪かったのでしょう。

「数十億円納税して、この仕打ちはやってられない」と三崎さんはツイッターでコメントしていました。

先ほどの給料明細を見て納得できないのはわかりますが、若いから注目されることがわかっていないのでしょう。

国税や週刊誌など、派手に遊んでいる人は必ず「監視」されています。

三崎さんは若い頃にアフィリエイトをやっていましたが、年齢的に必ず与沢翼さんをお手本にしていたはず。

・アフィリエイトで大儲け

・ド派手な私生活を世間に垂れ流して国税や特捜や週刊誌に目をつけられた

・国税を馬鹿にしていた

もう、そっくりです^^;。

与沢さんの失敗に何も学ばなかったのでしょうか?

いろいろ外に発信しすぎなんですよ。およそ1年にわたって国税と東京地検がタッグを組んで捜査に当たっていたとか。

三崎さんも、一段落したらやはり海外に出てしまうのでしょうか。

【参考】

与沢翼の現在は?破産したくらいで人は死なない!何度でも蘇るさ

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする