織田裕二のスーツのブランドは?「SUITS」衣装はTAGARU代官山!

話題の月9、織田裕二さんと鈴木保奈美さんの共演「SUITS」が始まりました!

鈴木保奈美さんの透明感のある知的な上司ぶりと、「IQ246」以降すっかり板に付いた、傲慢で自信満々な織田裕二さんの演技との相性は、とても良かったと思います。

勝利に執着する敏腕弁護士の演技を際立たせるアイテムのひとつは男性の戦闘服、SUITS!!

このドラマスーツの「SUITS」とは、ビジネスマンの着ているスーツとは別に、「訴訟」「持ち札」という意味とかけられています。

ドラマをクールに華やかに彩る準主役級の存在感を持つスーツ、いったいどこのブランドがてけているのでしょうか?

スポンサーリンク



衣装協力は「TAGARU」代官山店

このお店は、スーツとシャツのオーダーメイド店。

靴のパターンオーダーも可能です。

オーダーというと敷居が高そうですが、比較的リーズナブルな価格設定の生地からあるので、初めての方にもおすすめのオーダースーツショップ。

安定した国内縫製でスピーディーかつ価格もリーズナブル。

スタイリストのセンスとお客側の好奇心とで、オーダースーツの魅力を楽しみながらオーダー可能。

レディーススーツ、冠婚葬祭、セレモニースーツやタキシード、ステージ衣裳、ビジネススーツまでの対応は幅広く、時間をかける丁寧な採寸で理想のシルエットをイメージ以上に実現させます。ここまで出来る形やオプションの数、生地や裏地の揃うお店もそう多くないでしょう。

代官山店と恵比寿店があり、デザイン性の高いスーツを手がけています。

衣装協力したのは代官山店の方で、ブログに以下のように記載されていました。

今回もスタイリストさんからの依頼があって衣裳協力させていただいたのですが、タイトルを聞いて鳥肌が立ちました。

その名は日本版ドラマ「SUITS」

仕事柄話題には出ますがいつか日本でリメイクあればやりたいねって言ってたやつじゃないですか!

スーツのスーツがTAGARUって最高の宣伝文句ですよね。

(略)

うんちくですが、このドラマスーツの「SUITS」とはビジネスマンの着ているスーツとは別の意味「訴訟」という意味とかけています。

ついでに衣裳にも目を向けてくださると幸いです。

以上この2つの大注目作品ぜひご覧ください。

それぞれ数着ずつスーツ、シャツ、ネクタイを提供しておりますので少しだけ気にかけて観ていただければ嬉しいです。

ここでも誰のスーツか?・・・それは言えませんが観てくださればきっとわかるはず。とだけ言っておきます。

そして、結果TAGARUでなくても、オーダーメイドの可能性が広がり、オーダーへのきっかけにつながることができればと願います。

実際に俳優さんが着用するスーツとネクタイを提供しているそうです!!

やっぱり宣伝になるからなのか、どの俳優さんなのかは言えないらしいですが、これほどのおしゃれで高級なスーツを、織田裕二さんに提供しないわけがないじゃないですか!!

インスタグラムもあるのですが、「SUITS」の中で織田裕二さんも様々な種類のスーツを着ているので、どのスーツかは特定できませんでした。

「TAGARUは、」パターン・イージー・半フル・フルオーダーといろいろやっているので、お客さんの要望次第で「イレギュラー的スーツ 」も承っているとのこと!

スーツ好きにとってはたまりませんね、理想とするスーツの可能性度がたいへん高いお店なのです。

レディーススーツオーダーも注文可能!

しかもしかも、なんと、レディーススーツもオーダー注文できるそうです!

メンズのオーダースーツはもともと多く、さらに増え続けてますが、女性に向けてのレディースオーダー店は非常に少ないです……。

TAGARUは、もともとレディースのオーダーをメインにドレスや舞台衣裳などを手がけていたこともあったため、レディースも歓迎しているとのこと。

しかし男性用フルオーダーとは違って女性用のパターンがないため、オートクチュールまでとはいきませんが、金額は高めになるようです。

お値段は?

「tagaru」で実際にスーツを仕立てた方の一例を紹介すると、セール日を狙って行って以下の値段でした。

  • 生地:¥58,000
  • オプションボタン:¥1,000
  • オプション裏地:¥1,000
  • 合計:¥60,000(税別)

オーダースーツの縫製・仕立て代はすでに生地に含まれていて、その半額にあたります。

内側に着るシャツも別途必要です。

生地やボタン、裏地を選ぶ作業は楽しいですね。

合計60,000円で上質なスーツが1セット手に入るのなら、そんなに高い買い物ではないと思います。

「tagaru」のお店情報はこちら!!

代官山店 : 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町26-2 sarugaku-e棟 1F

     TEL : 03-5428-6020

恵比寿店 : 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-4-11福隆ビル2F 

     TEL: 03-6427-8655

営業時間:午前11時 ~ 午後8時 定休日:水曜日(祝祭日は営業)

HP:https://www.tagaru.jp/

スポンサーリンク



原作のハーヴィーが着ているブランドはトム・フォード

アメリカ版の原作の「SUITS」は、敏腕弁護士ハーヴィーと、有能な部下のマイクという型破りコンビの活躍を描いた作品。

アメリカではシーズン7現在放送中、そしてシーズン8の制作がすでに決定されているほどの人気シリーズ。

甲斐正午役の織田裕二は、原作ではハーヴィーこと俳優ガブリエル・マクトが演じており、彼がまとうスーツは、エレガント×セクシーかつビジネスシーン最強の装いと名高い「トム・フォード」!!

既製品でも40~50万円、オーダーメイドだと約80万円、本気で仕立てたら新車を一台購入できるお代がかかる、超高級スーツブランドです。

「トム・フォード」は、6代目ジェームズ・ボンドことダニエル・クレイグが好んで着用した「ボンドスーツ」としても有名で、ウエストを絞った着丈が長いデザインが特徴的。

胸元へ吸いつくように据えられた、華麗にして迫力に満ちたブランドです。

ドレッシーでありながら男らしさと、圧倒的な官能美に溢れる、スタイリッシュにして正道を行く男のスーツです!!

マイク・ロスが着ているブランドはドルチェ&ガッバーナ

鈴木大貴役の中島裕翔は、原作ではマイク・ロスこと俳優パトリック・J・アダムスです。

彼が作中で好んで着るスーツブランドは「ドルチェ&ガッバーナ」。

こちらはデザイン性の高い、遊び心がふんだんに盛り込まれたオシャレな雰囲気のスーツ。

既製品は約6万~20万円と、多少リーズナブルですが、着こなしはなかなか難しそう。

オーダーメイドについては2016年、銀座にカスタムメイド専門フロア「ドルチェ&ガッバーナ サルトリア 銀座」がオープンしました。

価格帯は、セミハンドメイドでスーツが約60万円からです。

↓↓↓

ドルチェ&ガッバーナ ジャパン
TEL:03-6419-2220
東京都中央区銀座5-4-9 ニュー銀座5ビル3階

まとめ

「SUITS」は洋服の青山がスポンサーになっているので、こちらのスーツも番組に出ていることでしょう。

自分の会社のスーツを織田裕二さんに着てほしいブランドは多いでしょうから、独占はできないということですね。

アメリカの原作では俳優に本物の「トム・フォード」と「ドルチェ&ガッバーナ」を衣装として着てもらっているので、力の入れようが伺えます。

原作では、こういうスーツを着ている世界が舞台なんだなあと思いながらドラマを見るのも楽しいです。

ぶっちゃけていえば、アメリカのドラマって製作費が莫大で、規模も日本とは比較にならないんだなあ……。

トム・フォードを着た織田裕二さんをちょっと見てみたいなあと思いました。

次回の放送も期待してますよ!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする