三田佳子の次男の愛人は乃木坂46の大和里菜、御用達の更生施設は?

覚せい剤取締法違反で逮捕された女優・三田佳子さん(77)の次男・高橋祐也被告(38)の初公判が11月29日(木)に東京地裁で開かれます。

高橋祐也被告は今までに3回、同じ罪で逮捕されていて、履歴を並べると、

・高校3年の18歳の時、覚せい剤取締法違反で逮捕。保護観察処分、高校は退学。

・21歳の時、地下室で「薬物パーティー」開催、懲役2年・執行猶予5年の有罪判決。

・28歳の時、コンビニで逮捕。懲役1年6ヶ月の実刑判決。

・38歳の時、都内の焼肉店で逮捕。 ←いまここ

週刊文春の報道では、「裁判で実刑になったら控訴する」と話していたそうです。

3回目の逮捕ですでに実刑判決になってますので、いくらなんでも執行猶予はつかないと思うのですが^^;。

今回は、高橋被告が入所していた更生施設と、愛人と噂される元乃木坂46メンバーについて調べました。

スポンサーリンク



沖縄の高級更生施設「琉球ガイア」

高橋被告は、今回の裁判が始まる前は国内の南の島の更生施設で過ごしていた、と報道されています。

調べてみると沖縄県那覇市に「琉球ガイア」という施設が見つかりました。

「南の島にある薬物依存症患者の更生施設」は他に見当たらないため、たぶんこの施設なのではないかと思います。

 所在地:沖縄県那覇市古波蔵1丁目18-37

↑↑↑この場所にある本部の建物は、おそらく寮だと思うのですが鉄格子がはめられています^^;、やはり少々物騒ですね。

ここは、薬物・アルコール・ギャンブルの問題を抱えた人たち、またはそのご家族、ご親族、ご友人、同僚の方々を対象として、以下の事業を展開しています。

・アルコール・ギャンブル及び薬物依存症に関する電話相談・全国の連携治療機関の紹介

・同依存症者のリハビリ宿泊滞在及び通所施設運営事業、生活支援事業、自立支援

・同依存症者をもつ全国のご家族への相談・援助 

 

・刑務所、少年院における薬物離脱指導プログラムの開催

薬物だけでなく、アルコールやギャンブル依存にも幅広く対応している施設です。

「沖縄の大自然の中で、仲間と共に楽しみながら、着実に回復を目指すこと」をコンセプトに、利用者:ケアスタッフ比=2:1 という、利用者対ケアスタッフ比率が高い充実した体制で、一人ひとりの個性を尊重する、きめ細かな支援が受けられます。

基本的に集団生活を行いますが、南の青い海でのサーフィン、釣り、シュノーケルなどのマリンスポーツや、スポーツジム利用、やんばるの森や慶良間諸島での大自然合宿、輝く太陽の下でのゴルフや野球など、沖縄ならではのプログラムが充実しています。

規則正しい生活や、脱依存症プログラム教育、セラピーが充実していますが、HP見ていてうらやましくなります。

こんなのんびりしていて依存症から脱することができるのでしょうか^^;?? 実際再々々々犯しましたし……。

ほかにも毎月一回、県内のリゾートホテルでの昼食や、映画鑑賞などの娯楽を取り入れて、リフレッシュする機会をもうけるなど、やはり三田佳子の息子、いたれりつくせりの豪華施設を利用しています。

ブログを見ると、OBも時々この施設を訪れるらしく、入所者と一緒にモーターショーを見に行くなど、土地柄と同時に、高待遇の更生施設であるせいか、なんともなごやかな雰囲気の更生施設です。

入寮するか通所するかで違いますが、1か月にかかる料金はおよそ次のとおり。

・入寮…約50万円(入所金+保証金+ケア費+食費等)

・通所…約40万円(入所金+保証金+ケア費+食費等)

ほかにも、スポーツジムやカウンセリングを受ける場合は、別途費用がかかります。

いやー、すごいですね…。

高橋祐也被告のお小遣い

以前はミュージシャンとして芸能活動をしていた高橋祐也被告ですが、お金にモノを言わせる教育方針が話題になっています。

・高校生の時… 月50万円

・27歳の時… 月70万円

・30歳の時…月100万円

・38歳の時…月450万円+ファミリーカードで月200万円

保釈後の公判においてもこれからどうするんですか、聞かれた時に「祖母の貯金がある」と答えたそうです。

これはひどすぎますね…。

スポンサーリンク



乃木坂46の愛人は大和里菜

今回の4度目の逮捕は、高橋被告の愛人が警察に駆け込んだことがきっかけでした。

9月1日、交番に駆け込んだのは、なんと元・乃木坂46の大和里菜さん。

↓↓↓プロフィールはこちら。

名 前:大和里菜(やまとりな)
所属事務所:プロマージュ
生年月日:1994年12月14日
出身地:宮城県
血液型:O型
身長:162cm

小学校の頃から芸能界を目指していて、小中学生のダンス&ボーカルユニット”SPLASH”のメンバーとして仙台市のご当地アイドルとして活躍していましたが、2011年の17歳の時、乃木坂46に加入しました。

しかし、2014年5月、まだ20歳になっていない時期に、東京・六本木にある芸能人御用達バーに慣れた様子で入店した様子を週刊誌に嗅ぎつけられ、「未成年飲酒スキャンダル」がスクープされてしまいます。

ほかにも日本の男性7人組ダンスボーカルユニット「NEVA GIVE UP」のメンバー岡田鷹斗との抱擁シーンを激写されるなど、素行がよろしくない人でした。

地方から上京して、浮かれてしまったのでしょうか。

はっきりいって乃木坂でも不人気・無名な人であった上に素行の悪さが重なり、2014年12月、20歳になった時に大和里菜さんは事務所の専属契約を打ち切られてしまいます。

事実上の事務所から解雇でした。

乃木坂46卒業後はソロ活動するも不倫

約1年ほどの休止期間を経て、2016年3月、芸能事務所「プロマージュ」と契約、21歳で歌手としてソロデビューし、舞台などでも活動。

しかしネット上では「AV出演説」が取り沙汰され、ほとんど仕事らしい仕事は入らず、2017年8月にはプロマージュとも契約打ち切りになり、芸能活動は事実上停止していました。

すっかり「売れないアイドル」になってしまった大和さんは、故郷には帰らず、東京で「ギャラ飲み」のアルバイトで生活費を稼ぐようになったようです。

ギャラ飲み」とは、男性との飲み会に参加してお金をもらうこと。

時給は4000円からですが、事前に面接があり、合格率は10%という狭き門。

しかも、合格しても男性に指名してもらえないとまるでお金にはならず、容姿端麗であるとか、元アイドルという「売り」がないと、なかなか厳しいアルバイト。

このアルバイトを続けるうちに大和さんは、当時「ギャラ飲み」にハマって女遊びを繰り返していた高橋容疑者と出会い、愛人関係になりました(高橋容疑者には妻子がいます)。

大和里菜さんは、高橋被告と会うたびに「車代として3万円」もらっていました。

※高橋被告は母親の三田佳子さんからなんと、1日15万円の小遣いをもらっています。1か月に換算すると月450万円です。親のカネで愛人を囲っていたのです。

さらに高橋被告と大和さんの関係は、三田佳子さんも「公認」だったというのですから、もう芸能人の感覚というのはわかりません。

2018年に入り、大和さんは友人に「お金持ちのパパを見つけた」などと話しており、その「パパ」こそいわくつきの高橋被告だったのですが、もはやタレントとしての将来も見失ってしまいましたね。

東京にしがみついていたいがために、「ダークサイド」に落ちぶれた元アイドルにとって、「職業・三田佳子の次男」である高橋被告は、たいへん魅力的な「パパ」だったのでしょう。

保釈直後に復縁

大和さんは以前も高橋被告にひどく暴行され、アバラを強打し、骨折したことがありましたた。

このため、今回は身の危険を感じて警察にかけこんだのです。

一時は弁護士を立てて話し合いを進めていましたが、150万円の示談金で話がまとまったようです。

そして10月9日に300万円とも言われる保釈金を(三田佳子さんが)払い、自由の見になった高橋被告は、保釈直後に、ふたたび大和さんを実家マンションに招いているのです。

大和さんをよっぽど気に入っていたのでしょうか……。

高橋被告の逮捕当時、大和さんは周囲に「もう過去の話」として他の男性と飲み会をしていましたが、いざ高橋被告が保釈されると、誘いを断れなかったようです。

三田家からもらえる小遣いが貰えるお小遣いが、大きな理由なのでしょう。

乃木坂ファンでさえ「大和ならありえる」「高橋被告とお似合い」と、さほど驚いていない様子で、アイドル時代から相当イメージが悪かったことがわかります。

まとめ:判決は?

高橋被告は、10年前の3度目の逮捕の時も、高級更生施設「琉球ガイア」に入っているのですが、プログラムの甲斐無く、薬物依存症が再発してしまいました。

公判には高橋被告みずから出廷するため、この更生施設はすでに出ているのでしょうが、また舞い戻らないようにしてほしいものです。

判決が出たら、追加します。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする