福原愛の旦那はイケメン金持ち台湾人の江宏傑 収入格差より国籍

日本国民が、ごくごく小さい頃からずーーっとその成長を見守ってきた、天才卓球少女・福原愛さん。

2016年のリオオリンピック終了直後の9月、卓球の台湾人選手の江宏傑さんと結婚しました。

日本の卓球協会は、東京五輪まで福原愛さんを「日本の顔」にしておきたい意向があったため、収入および実力に格差のある、台湾の江宏傑さんとの交際を快くおもっていませんでした。

事実、リオ五輪では成績が振るわず、団体戦でかろうじて銅メダルを獲得したのみ。

この頃から噂のあった「台湾人選手との恋愛にうつつをぬかしているから」なんて陰口を叩かれていました。

しかし、非人道的・反人権的な卓球協会が下した「格差婚ダメ!」との非情な指令にも屈せず、めでたく28歳でゴールイン。

さて、現在の福原愛さんはどうしているのでしょうか。

スポンサーリンク



福原愛のプロフィール

「泣き虫愛ちゃん」という愛称で国民的な人気を得た天才少女の福原愛さんですが、いつのまにかはすっかり大人の女性に変身してましたねー。

そんな福原愛さんは、宮城県仙台市で、1988年11月1日に生まれました。

家族は、両親と10歳年上の兄の4人で先に卓球を始めていた兄の影響で3歳9ヶ月から卓球を始めたことが卓球人生の始まり。

どうも、お兄さんが卓球を始めたことによって、両親が兄につきっきりになってしまい、寂しく感じたことが卓球をしよう!と思うきっかけだったようです。かわいい(*´ω`*)。

卓球を始めたきっかけは、家族の愛情を確保するためだったとしても、根が真面目な福原愛さんはメキメキと頭角を現し始めます。

8歳以下が出場する全日本選手権バンビに出た際には、史上最年少の5歳10ヶ月で優勝し、その後も10歳以下や12歳以下の大会では7連覇を果たすというまさに卓球の申し子!

卓球で成績が残せたのは、福原愛さんの負けん気の強い性格が影響していると言えます。

練習でうまくいかなかった時や試合に負けた時、福原愛さんはいつも泣いてしまってましたが、それでも「やめない!」と泣きながら懸命に卓球を続けます。

これは「泣き虫愛ちゃん」と呼ばれるきっかけにもなりました。あのかわいい泣き顔が、日本国民の注目を集めたのですよね。

とにかく自分が決めたことは、最後までやり通したいという性格です。

福原愛の父親は?

そんな福原愛さんの父親は、2013年にすい臓がんで亡くなっています。

福原愛さんの幼い頃は、母親がコーチをして叱咤激励をしている姿がよく見られていました。

ですが、父親も福原愛さんの卓球人生を非常に応援していて、練習環境を整えるために拠点を各所に移し、専用卓球場を所有するくらい、お金をつぎ込んでいます。

中国出身のコーチを招いて練習をするなど、費用負担はかなりあったでしょう。

父親は不動産会社を営んでいましたが、結局資金繰りができなくなり、2004年に両親は離婚。

この離婚は、福原愛さんの稼ぎが、親の借金返済に使われないための偽装離婚だったのでは?とも考えられていますが、確かに離婚後も父親は福原愛さんの卓球マネージメントを行なっているんです。

2005年にミキハウスからグランプリに所属を移動させたのも、1億円と言われる契約金に目が眩んだという話や、グランプリとの契約も4年だったにも関わらず途中で終了し、ANAと契約したのは、多額のお金が父親に流れ込んだためと言われています。

とにかく、「ちょ、ちょっとやりすぎじゃない?」と思うくらい、お父さんは卓球の英才教育を娘に施していて、それは愛情の裏返しだったとしても、お金に関してはちょっと問題があったようですね。

福原家では、コーチとして実際に福原愛さんを支えている母親ですら父親に意見ができなかったとか。

ですが、そんな毎日を続けていたくないと福原愛さんは2008年に、父親との決別を決意。

それ以降は会うことも連絡を取ることもなく、亡くなったことも後から知ったという、いつも笑顔の裏に隠された、悲しい確執が垣間見えた瞬間でした。

福原愛の卓球マネー

福原一家を崩壊させた、卓球マネーとはどのようなものでしょうか。

ナショナルチームの代表レベルの選手になれば、ワールドツアーの賞金がありますが、優勝しても数十万円と微々たるものです。

しかし、トップ選手にはスポンサーが付いたり、CM出演のオファーがあり、やはりこれが大きいのです。企業のCM、CMですよ。

顔の知られたアスリートならCM契約料は2000万円が相場ですが、特にオリンピック開催中に流されるCMについては約5000万円に跳ね上がります。

福原愛さんは特に子どもの頃からの好感度が高いので、通常でも4000万円ぐらいなので、オリンピック開催中、または終了直後は1億円くらいになる計算です。

スポンサーリンク



福原愛の旦那の名前は江宏傑(こう・こうけつ)

福原愛さんと言えば、2016年に同じ卓球界で活躍する台湾代表の江宏傑(こう・こうけつ)選手と結婚しました。

江宏傑さんは、1989年生まれで福原愛さんよりひとつ年下で年齢が近く、実家は父親が日系企業に勤めていて親日家とも言われています。

180センチという高身長の、もちろん爽やかイケメン。

卓球の実力としては、2007年から2009年までの台湾選手権男子シングルス部門で連続優勝を果たしているので、海外では有名な選手です。

2017年から沖縄を拠点とするクラブチーム「琉球アスティーダ」に移籍したので、江宏傑さんの活躍を日本で見る機会もあるかもしれません。

台湾や中国は卓球王国としてもよく知られていて、プロ選手になると年俸は軽く1,000万円を超えます。

選手育成に国をあげて対策をはかっていて、国からの補助金が出るので江宏傑さんはかなりお金持ちだとわかります!

福原愛と江宏傑のなれそめは

そんな江宏傑さんと福原愛さんの馴れ初めは、2014年に福原愛さんが腰の怪我をした際に、Facebookを通して江宏傑さんが福原愛さんに励ましのメッセージを毎日送っていたことが交際のきっかけになりました。

毎日励ましのメッセージをもらえるなんて、とても励みになりますし、自分に好意うがあるんだな!ということが理解できるので、福原愛さんも徐々に優しさに惹かれていったのかもしれませんね。

台湾人男性は、だいたい恋愛にとても積極的で紳士的です。まめにメールをくれるし、常に気遣いを忘れず、女性を「お姫さま」のような気分にしてくれます。

ここから急接近し、2015年の春頃から交際に発展し、2016年に文春がスッパ抜き、それでも順調に愛を育んでゴールイン!

結婚記者会見も福原愛さんの引退会見でも江宏傑さんともラブラブぶりが報道されました。

子育てに専念したいという気持ちもあるでしょうが、なによりも江宏傑さんとの時間を大事にしたいのかもしれません。

福原愛さん夫妻は、中国の夫婦生活を覗き見するという番組で、61回キスしたことでも話題になるくらいに、仲良しです。

卓球王国である中国をいつも日本は追いかける立場ではありますが、そんな中でもお互いを尊敬していることも感じられます。

また、中国卓球界と日本卓球界では意識も国としての力の入れ方も違いますが、通常であればライバル国として敵視されるような関係なのに、福原愛さんという可愛らしい選手のおかげで両国の懸け橋になってきたことも事実です。

今は若い選手もどんどん出てきているので、今度は自分の人生をしっかり楽しんでくれたらなぁとは思います。

↓↓↓はいイケメンです。芸能人でもやっていけます。

福原愛と江宏傑の語学力

福原愛さんは、中国卓球界でも人気選手で「瓷娃娃(陶器のお人形さん)」という呼び名でファンからは呼ばれ、親しまれています。

その理由は中国東北地方のなまりはあるものの、本格的な中国語を自由に駆使するためです。

ツイッターや、最近インスタグラムも開設しましたが、ときどき中国語の発信があります。すごい。

むしろ語学の勉強を頑張っているのは旦那の江宏傑さんの方で、ツイッター開設当初のつたない日本語の、まあ可愛らしいこと(笑)。

你們好啊 老婆大人說我一定要玩TWITTER 嗯~好吧

こんにちは じゃんくんです あいちゃんがついったーはじめたほうがたのしいっていってたのでついったーはじめました。 よろしくおねがいします

今天受邀到統一獅隊擔任開球嘉賓 開心!!

きょうは統一ちーむのしきゅうしきをしてきました

最近は、かなり日本語の書き込みが自然になってきています。がんばって!

スポンサーリンク



福原愛と江宏傑の台湾新婚生活

現在、お2人は台湾に購入した高級マンションで、ラブラブな新婚生活をしています。

江宏傑さんは現地の大手銀行『合作金庫銀行』に勤めていて、そこの卓球クラブに所属していますが、年収は会社員と同じ400万円程度。

この銀行の銀行マンは地元の女性に大人気(笑)。

江さんは銀行にお勤めなので、融資も通りやすいのでしょうし、勤め先は定かではありませんが親の援助もあったのでしょう。

福原愛さんは最盛期には年収が1億円を超えたこともあり、収入格差が生じていたことが障害になるのではないか?と2年前くらいに報じられましたが、2人の愛の前にはなんのその。

それにリオオリンピックで福原愛さんが身につけていたアクセサリーはティファニーで統一されていていて、ハート型ネックレスほか総額は100万円といわれていました。

ネックレスは除きますが、当時交際中だった江宏傑さんからの贈り物だったようです。

SNSでは今も変わらないラブラブぶりが垣間見え、2017年10月13日に第1子の女の子を台湾で出産。

名前は『あいら』ちゃん。

台湾の高級施設「産後ケアセンター」で出産。

なんと、年齢1歳からしてすでに卓球ラケットを握っているそうで、将来が楽しみです。

今のところはまだ二重国籍なんでしょうか。

収入格差がうんぬんというのは、中国人の書き込みだったらしく、中国でも人気のあった福原さんを、中国卓球男子はメダルをたくさんゲットできたのに、愛ちゃん1人をゲットできなかった、というちょっとした嫉妬心があったみたいですね。

中国は、台湾と政治的にいろいろありますので、ただ単におもしろくなかったのでしょう(笑)。

台湾では、福原さんと江さんとの結婚に大歓迎ムードで、「帰化してもらって台湾代表で五輪に」なんて声もあがってます。

国籍はどうなるの??

才能というのは、やはり国家や国民の財産です。

私は福原さんが台湾に帰化するのかなーと思って、非常に残念な思いをしたのですが、いまのところ、国籍はそれぞれそのままという状態。

2人は2016年9月に東京都内の区役所に婚姻届を提出しましたが、婚姻届を提出しただけでは国籍は変わりません。

法務省HP『国際結婚,海外での出生等に関する戸籍Q&A』の「Question6」に類例があるのですが、

1 日本人が外国人と婚姻をした場合には、外国人についての戸籍は作られませんが、配偶者である日本人の戸籍に、その外国人(氏名・生年月日・国籍)と婚姻した事実が記載されます。この場合、その日本人が戸籍の筆頭に記載された者でないときはその者につき新戸籍が編製されます。

2 外国人と婚姻しても日本人の氏は当然には変わりません。しかし、外国人の氏を名のりたい場合には、婚姻の日から6か月以内であれば、戸籍届出窓口に氏の変更の届出をするだけで、外国人配偶者の氏に変更することができます。

と、あります。

やっぱり福原さんほどのビッグネームになると、両国間も感情的にいろいろあるようで、すでに台南に家を購入していて結婚後には台湾に住む準備をしていることについては、あまり触れられていないようです。

まとめ:現在、第2子妊娠中

福原愛さんは、現在第2子を妊娠して、幸せいっぱい。

福原愛さんは、台湾でも大歓迎で、結婚式は台湾メディアも大きく取り上げました。

旦那の江さんは、以前ケガをしたときにタレントにならないかと台湾の芸能界から誘いがあったほどのイケメンなので、今後芸能人に転身しても売れっ子になるでしょう。

しかしなんだか最近、福原さんの好感度がいやに低いなと思ったことが、今回福原さんを取り上げられた原因なのですが、まあその、

・朝食も旦那が作って食れる

・自分で携帯すら充電したことない

・食器洗いや掃除も手伝ってくれる

と、あまりの幸せ全開のラブラブぶりを、SNSで全世界に向けて公開してノロケてしまったことが原因でしょう。

福原さん自身は当初は東京オリンピックを目指す意向でしたが、2018年に残念ながら引退を表明、今後は選手とは別の立場で卓球界に関わっていく意向を明らかにしました。

現役時代からスポーツキャスターなどを打診されていたそうで、東京オリンピックではオファーは殺到するでしょう。現役を離れて支障がなくなった今、CMスポンサーが放ってはおかないはず。

さらに福原さん夫妻は台湾の人気テレビ番組にも出演しており、台湾でハマったタピオカミルクティーのお店を日本で開きたいと考えているそうです。

芸能界のママタレよりも好感度が高いので、今後の活動もうまくいくことでしょう。

福原さんのことを調べるときは、「日中台」のいろいろ複雑な関係の3国が絡んでいる、ということに気をつけたほうがいいかもしれませんね^^;。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする