カルロスゴーンの自宅はどこ?リオ、パリなどに高級マンション購入!

日産自動車のカルロスゴーン会長の金満ぶりが話題になっています。

世界中に拠点を持つゴーンさんは、これらの高級マンションに賃料を支払わず、無償で利用していました。

オランダの子会社の社名は「ジーヤ」。

2010年に設立され、登記上はオランダ・アムステルダムにあり、「ジーヤのトップは、ルノーCEOが兼務する」ことになっていて、資本金の60億円は日産が100パーセント出資。

つまり、ゴーン会長が「ジーヤ」の経営トップで、副社長が彼の側近のグレッグ・ケリーの2人、そして従業員は0という完全なペーパーカンパニーだったのです。

もうやりたい放題ですね。

【参考】
カルロス・ゴーンの年収は?資産は2000億?!保釈金、追徴課税はどのくらい?

カルロス・ゴーン会長の逮捕理由や罰則、裏切り者は誰?逮捕劇も解説!

日本・東京都港区元麻布

麻布の中心地と言えば元麻布。六本木まで含めて麻布ですから、正に中心にどっかり君臨してるのが元麻布です。

ゴーンさんの日本の拠点は、この元麻布トレンドの代名詞である、地上29階建ての超高級マンション・「元麻布ヒルズ」です。

どうやらゴーンさんは、この超高級マンションの「最上階」に部屋を持っているようです。

賃貸なのか購入したのかはわかりませんが、購入したのであれば価格は4億円を超えると言われています。

参考までに、22階のフロアの賃料は142万円/1か月です。

この記事の最後の方にありますが、最上階を賃貸すると500万円/1か月だそうです……。

このクラスになると「入居審査」があり、契約名義は法人契約のみで銀行残高証明書が必要です。

この部屋も、日産の社名を使ったのでしょうか……。

スポンサーリンク



ブラジル・リオデジャネイロ

ブラジルは、ゴーンさんが生まれた国です。

ゴーンさんは日産が60億円を投資した「ジーヤ」を通して、ブラジルの首都・リオでジャネイロの一角にある、コパカバーナビーチ沿いの高級マンションを購入しています。

コパカバーナビーチは大西洋に面していて、レーミからコパカバーナ要塞までの、全長約4キロメートルにわたる白い砂浜のビーチは、世界的な観光地です。

ゴーンさんの住宅は6階にあり、600平方メートル以上の広さで、年に数回、カーニバルの時期などに訪れ、家族と一緒に過ごしていたといいます。

この家からはブラジルの象徴的なキリストの像がみえる、リオデジャネイロで一番高級なエリア。

近くにはサッカーのロナウド選手も住んでいます。

ゴーンさんは2018年は6月に一人でふらりと訪れて、短期間滞在しただけでまたどこかに行ってしまってます。

購入時期は2010年頃で、購入価格は5億円以上。

今回の調査では、ゴーンさんの金融取引報告書の虚偽記載の期間は「2010~2014年」の子年間分だったことから、虚偽記載が始まってすぐにこの高級マンションを購入したようですね。

レバノン・ベイルート

このあたりにはレバノンの首相公邸があったり、レバノンのエリートビジネスマンや、サウジの億万長者が居を構える地域です。

レバノン国内にある投資会社が購入、その価格は10億円相当。

さらに、改築に7億円

これらブラジルとレバノンの2カ所の高級住宅は、日産がおよそ60億円を出資して設立したオランダの子会社を通じて購入され、ゴーン容疑者に無償で提供されていました。

購入費に加え、維持費や改装費も日産側が負担しています。

総計は20億円を超えるらしいです。

ゴーンさんはブラジルで生まれましたが、その後レバノンのベイルートに移住しています。

ゴーンさんの父親はフランス系レバノン人、母親はブラジル系レバノン人で、ルーツがある国です。

レバノンには、ゴーンさんの親族がたくさんいますし、離婚した元妻のリタさんに慰謝料がわりに譲渡した不動産物件もありました。

スポンサーリンク



オランダ・アムステルダム

テレビで画像がちらりと出たのですが、場所の特定がまだできていません。

フランス・パリ

フランスパリ郊外にあるブローニュ・ビヤンクールのアルフォンス・ル・ギャロ通りに高級住宅を購入していたようです。

少なくとも「セーヌ川沿い」で、広さは最低100平米、日本円にして4億5000億円。

大臣など多くの人が訪ねてきていたとのことで、乗馬クラブも近所にあるとか。

ゴーンさんは改築費などに日産側に数十億円を支出させながら、一部家賃を払わず、有価証券報告書にもその旨を記載していませんでした。

これは「経費」と認められるかどうかはちょっとわかりませんが、福利厚生の範囲におさまるのですかね……。

まとめ

オランダに子会社を作って日産が投資、その資金で高級マンションを購入してゴーン氏が無償で利用していた、と。ずさんでしたね、としか言い様がない話です。

ツイッター上の反応は以下の感じ。


ゴーンさんは来日当初は代官山のプールつき高級マンションの最上階に住んでいたそうですが、のちに今の元麻布のマンションに引っ越しました。

複数の海外拠点生活は憧れますね。

そのほかにも、子供たちの会社に父親として出資していたりなどしていたようです。

このお金は、これら「浮いたお金」だったのでしょうね。

【参考】
カルロス・ゴーンの年収は?資産は2000億?!保釈金、追徴課税はどのくらい?

カルロス・ゴーン会長の逮捕理由や罰則、裏切り者は誰?逮捕劇も解説!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする