ティラミスヒーローパクリの高田雄史はgram社の使用権の商標ゴロ

昨日は自分のブログ文章が丸パクリされたことで少々頭に血が上っておりましたが、同時並行してスイーツ店の商標ゴロのことでネット界が大騒ぎ。

いやータイムリーな話題ですね、腕がなりますよじゃらじゃらと。

この事件は、シンガポール発祥の瓶入りティラミス「ティラミスヒーロー」に酷似したブランドロゴを、日本のティラミスブランド「HERO’S」が、ほぼそのまま商標登録したことが判明し、ネットで大炎上していること。

「ティラミスヒーロー」は、猫のキャラクター「アントニオ」がデザインされた瓶入りのティラミスを販売していて、2012年にシンガポールで誕生。

まだ日本には正規に進出していないのですが、本家のあずかり知らぬ日本国の東京で、

・本家とほぼ同じ商標ロゴを登録したパクリ店が、

・本家とほぼ同じデザインと中身の商品を、

いかにも「本家が日本に進出しました~★」という顔して、2019年1月20日から売り出していたのです。

とにかく、ツラの皮と心筋の分厚さが尋常ではない事件です。

高田雄史という人が、どうやってブランドを乗っ取ったのかを交えてお知らせします。

【参考】

高田雄史はgramの他にも丸パクリ!のっとり商標申請リスト一覧

gramの高田雄(史)の経歴や国籍は日本人?フランチャイズは要注意!

スポンサーリンク



高田雄史が教えるよ★ブランドの乗っ取りハウツー

2019年1月20日、東京は表参道に「ティラミスHERO’s」(偽)なるおしゃれティラミス店がオープンしました。

ところが開店早々、シンガポールのティラミス店「ティラミスヒーロー」(正)の商標と商品とそのものをパクって乗っ取っているのではないか?と指摘され、ネット上で大炎上。

富裕層が多い東京で、シンガポール本家のティラミスを知っていた人も多かったのではないかと容易に想像できますが、株式会社gram、とにかくすごい心筋してます。

↓↓↓商標を比較したもの。びっくりするくらいほとんど同じ。

ほんとーにまぎらわしいので補足しておきますが、

○ ティラミスヒーロージャパン(本家)

× 株式会社gram(パクった会社)

です。

ロゴが、ほとんど同じじゃないですか。

もちろん「ティラミスの瓶詰め」という商品の形も内容もほぼまったく同じ。

何より商標を早く取る

株式会社gramは、上記の猫キャラクターの商標登録を2018年6月にすませています。

本家の登録申請が、同年10月だったんですよね……。

【商標とは】

ビジネスをする上で商標は本当に大事です。

商標とは、簡単に言うと「誰が作った商品なのか?」「誰が提供しているサービスなのか?」という帰属を保証するマークのことです。

特許庁で手続きが無事にすめば、その商標の権利者(商標権者)は、その商標を、出願時に指定した商品または役務の範囲内で、独占排他的に使用することができます。

類似商標にまで権利範囲が及ぶとても強い権利で、早い者勝ちです。

そして商標申請は、各国ごとに手続きしなくてはならないため、世界展開するのであれば、乗り込む前に世界中の特許庁で申請をしなければなりません。

「スイーツヤクザ」「商標ゴロ」とも異名を取る高田雄史は、下記のツイートを見ての通り、手当たり次第、これから有名になりそうなスイーツ店の商標を先に抑えようとしています。

・FLIPPER’Sの「奇跡のパンケーキ」

・うっふぷりんの「ティラプリ」

・THE OMOTESANDOの「幸せのパンケーキ」

・ローソン「プレミアムロールケーキ」

・バーンサイドストリートカフェ

・カフェダウニー

そしてなんと、現在商願中のものには、ティラミススター(改称後)のマスクをしたネコ(リニューアル後)の正面からの画像も抑えようとしているのです(別記事参照)。

国外追放したほうがいいんじゃないのか。

CMで印象操作

広告塔に俳優の三浦翔平さんを起用してオープン記念イベントを開催するなど、華々しく第一号店の開店を発表していました。

↓↓↓偽物店のCMがこちら。

さも「本家シンガポールからパワーアップして帰ってきました」「シンガポールからやっと日本上陸が叶いました」というメッセージを醸してますが、その海外の本家を乗っ取っただけっていう。

この偽物ティラミスのイメージタレントに起用されちゃった三浦翔平さんは、大手の芸能事務所・バーニングプロダクション所属です。

周防郁雄社長なんとかしてください。

※三浦さんのインスタグラムからは、同店の開店イベントに関する投稿が、1月23日までに削除された模様です。まだ完全に降板したわけではなさそうですが。

SNS(インスタグラマー)を使って外堀を埋める

インスタグラマーにお金を払い、正しい「#ティラミスHero’s」ではなく、本家の店名である「#ティラミスヒーロー」とハッシュタグを指定させ、仕事で宣伝させていました。

こうやって、SNSを駆使して本家の客を錯覚させてパクリ店に誘導し、外堀を埋めて既成事実をつくっているんですね。卑劣う~★

ひどいやり方ですが、インスタグラマーの方も「仕事だから仕方ない」とさっさとあきらめるのでなく、この仕事を降りたいと事務所に自分で掛け合ってみてください。

イメージダウンするのは自分です。

デジタルタトゥーは一生残り、「ああ、あの時ニセモノのティラミスの広告塔やってた人ね」と、長く人の記憶に残ります。

フランチャイズ店舗数と情報量で押しつぶす

高田雄史の真の目的は、「ティラミスHero’s」をフランチャイズ化して、加盟店から上納金をがっぽがっぽ体制まで持っていくことです。

偽物店HPには、「フランチャイズ店募集」のページがあります。

都道府県ごとにオーナー制度を導入し、FC募集開始!弊社ティラミスは、メディアにも取り上げられ、多数のファンに支持されています。(←開店3日目で支持もクソもあるか)

各店舗1日250セット限定!「あの店舗でしか食べることのできない!」という「限定感」が絶大な集客力につながります。(←客の目にとまるところに堂々と書くなよこんなこと)

加えて、本部によりメディア戦略を実施します。「話題が集まれば、人がお店に集まる」本部の戦略的なメディア戦略×エリア戦略が安定的な集客を可能にしています。(←メディア物量作戦)

パクった商標を直営展開しないでフランチャイズ募集とは、どこまでゲスなのでしょうか。

フランチャイズ店を都道府県……つまり全国展開ですね、店舗数で圧倒し、メディアを呼び込んで情報量で押しつぶす作戦だったことがわかります。

このやり口でフランチャイズ募集ということは、一瞬売れて、短期間でもマスコミが派手に取り上げてくれればそれでいい、というやり口。

最終目標はティラミスの販売ではなく、フランチャイズ店にして、大金を貢いでくれるお馬鹿さんを集めること。

フランチャイズ店の上納金で儲けるつもりなので、表参道に出店して話題になれば、たとえそこで利益が出なくても、宣伝料としては安いもの。

要するに、マスコミにだまされる人が世の中にはたくさんいる、いくらでもいるってことを知っている人なのです。

スポンサーリンク



関係百貨店も注意喚起を

正規店である「ティラミスヒーロー(ティラミススターに改称)」は、もともとシンガポール発祥のスイーツ店で、日本国内には、まだ固定の店舗を持っておりません。

正規店である「ティラミスヒーロー(ティラミススターに改称)」は、はるばる海をわたって日本各地の百貨店の催事場に不定期に出店し、懸命に商品の普及につとめている最中でで、まだ日本国内に正規の店舗は持っておりません。

販売商品の見た目もパクりまくりです。

正規店であるティラミスヒーロー(ティラミススターに改称)は、梅田阪急ナビオにも出店してるから、阪急不動産や東宝は早急に対処したほうがいいと思います。

くりかえしますが、

日本国は東京の表参道店に平成30年1月20日に開店した「ティラミスHERO’s」は、本家の許可を得ないままほぼ同じ商標を登録した「商標と商品のパクリ店」であり、本家本元の正規店である「ティラミスヒーロー(ティラミススターに改称)」とはなんら関係のないパクリ上等の偽物店です。

この旨、関係百貨店におかれましては、催事場に来るお客さんに「こっちが本家!!」と、じゅうぶんに周知していただけないかと願います。

でも今回の騒動で、いい意味で知名度が広がって欲しいですね(微妙な笑い^^;)。

本家が改名させられる事態に

日本国は東京の表参道店に平成30年1月20日に開店したパクリ店「ティラミスHERO’s」は、「株式会社gram」という会社が、事実上の「商標乗っ取り」を行ったことによって、今回の騒動が引き起こされました。

正規店である「ティラミスヒーロー(ティラミススターに改称)」は、日本に来た当初は商標登録をせずに営業していたんですね。

このような「商標登録をしていない人気店」に目をつけたのが、現株式会社gram代表取締役社長の、「高田雄史」です(敬称略)。

しかしこの高田雄史があまりに大胆で厚顔無恥すぎたため、幸か不幸か、本格的に攻略される前に全国に彼の悪巧みが知れ渡ることになりました。

この騒動を受けて、正規店である「ティラミスヒーロー」は、「ティラミススター」に改称し、猫キャラクターの「アントニオ」も、イメージチェンジするハメに……。

正規店である「ティラミスヒーロー(ティラミススターに改称)」は、公式HPを更新し、以下のようにコメントを発表しています。

2012年にシンガポールでつくった私達のオリジナルの「ブランドロゴ」がコピーされ、只今日本で使用できなくなってしまいました。

私達が大好きな日本でこのような事が起きた事を、大変残念に思っています。

でも、アントニオ(ロゴキャラクターの猫の名前)は負けません!

(略)

さらにアントニオヒーローは新しい称号を手に入れました。

その名は【ティラミススター】

現在、日本で私達のオリジナル商品は【アントニオヒーロー】と【ティラミススター】だけです。

もちろんシンガポールのティラミスヒーロー並びカフェは何も変わっていないので、是非遊びにきてください。

ほんと、日本人としてマジで恥ずかしい。

偽物店は閑古鳥

パクリ店である表参道「ティラミスHERO’s」は、平日の22日は、とりあえず1日中閑古鳥とのこと。

なぜかバラ売りをしておらず、

・4個入り(3000円)…「ティラミス」「いちご」「プリン」「チョコ」

・8個入り(6000円)…上記4種の商品に加えて「メープル」「ブルーベリー」「抹茶」「キャラメル」

の2セットのみ。

つまり「抹茶」や「ブルーベリー」が食べたい場合、8個入りを買うしかないのです。

うっわー★銭ゲバすぎてかえっておステキぃいいいいいぃぃぃ(*´ω`*)!!

ここまで神経図太いと、アッパレというかなんというか……叩いてホコリが出るってレベルじゃないですわね(;´∀`)。

単品での販売はしていないと聞いて、何も買わずに退店する人もいたとのことです。

偽物は、市場からも退店して欲しいですね(笑顔)。

これに伴い、正規店「ティラミスヒーロー」は、別商標での商業活動を余儀なくされました。

はいもう一度復讐、いえ復習です、表参道店は詐欺店です!!

持ち帰り専門店なので、すごく狭いみたいなので、ただの宣伝目的のお店です。




高田雄史のご尊顔

↓↓↓チーク塗っとる場合じゃないですよ。

プロフィールは以下のとおり。

名 前:高田雄史 (たかだ・たけし)

生年月日:1973年

年 齢:45~46才

出身地:不明

学 歴:不明

職 業:株式会社gram 代表取締役社長

不動産会社「イエセレクト」の営業マンだったようです。

今回の騒動を受けて、高田雄史は以下のとおりコメントを発表しています。

1月21日時点では「商号・ロゴはうちのもの。他社と混同しないようお気を付けください」と盗人猛々しくいけしゃあしゃあと言ってのけていたのですが、

(すっげwww)

しかし、22日になって観念したようですね。

<偽物店「HERO’S」HPよりスクリーンショット>

えーとちょっと待って、「使用権をお渡しする」ってどういう意味でしょうか。

これは素直に読めば「商標権はこのまま自分のまま手元に置きますが、『使用権』はお渡ししますよ」と言っているのです。

えっ何、使用料を本家から取るってこと??

「勝手に商標登録して商売してごめんなさい。商標権をお渡しします」の間違いではないのでしょうかあぁん?

商標取り消さないんですか(#^ω^)ピキピキ

高田雄司は、残念ながら日本語が不自由のようです。

見た目はアジア系ですが、もともと日本国内で居住していた期間は少ないのではないでしょうか?

【追記】

これは高田雄(史)のひっかけ問題で、ロゴ(登録番号6073226)はお渡しすると書いてますが、商標(ティラミスヒーロー 登録番号6031954)に関しては言及していません。

つまり、ロゴマークは諦めて似たやつを再度出願するけど、ティラミスヒーローという名前は譲らないよ!と言ってます。

これに騙されてはいけません。

これらの手口は、もうパクリではなく、どうみても乗っ取りです。

表参道店は最初から本家を装い消費者をだますための店で、そのために本家潰しから入ったのです。

犯行の動機は?

このような犯行に走った動機として高田雄司は、

シンガポールで瓶入りティラミスを販売していた The Tiramisu Hero のブランドに憧れ、これに関する商標が日本に登録されていないことを確認し、株式会社gram名義で登録したとされている。(wikiより)

……などとわけのわからない供述を繰り返しています。

憧れて

⇒確認して

⇒ほぼ同じロゴを無断で登録する

という流れが、常識と良識を持ったわれわれ日本国民に、はなかなか理解が難しい案件です。

えーと記者会見まだですか?

そしてなんと、シンガポール店にも出店する計画があるとかで、いったいどこまでずうずうしいのでしょうか。

商標をとるって、本当に強いんです。

権利さえ取っておけば、それをタテにして、相手を偽物扱いできるんですよ。

↓↓↓お友達はこちら

早々敗北宣言して火消しを狙ってるのは、 探られたらマズイことがたくさんあるからでしょう。

㈱gramのHpを見ると、香港の会社と提携してるようで、そこでパクリの知恵を付けたらしいですね。日本人のメンタリティではありません。

この会社の他にも乗っ取りの余罪が現在進行形でたくさんあります(別記事で載せます)。

まとめ:日本でこれをやったらオシマイです

しつこいようですが、本家のティラミスヒーロー(ティラミススター)は、日本で市場を開拓しようと、全国の百貨店の催事をまわって目下絶賛奮闘中で、商標を横取りして東京のど真ん中に店舗を構えるような、ツラの皮の厚いゲスなことをしておりません。

しかし、本家も商標登録が遅すぎた。

gramの道義的な問題はもちろんですが、そもそも2108年の4月から日本国内各地で催事を巡行しているのに、日本での商標出願が同年10月なのは、明らかに遅すぎるのです。

海外進出して世界に切り込んでいくのなら、事前に専門家に相談しつくさなければならないですね。

準備万端に武装してから船に乗り込みましょう。

gramのパクリティラミスヒーローは、もともと大阪心斎橋の小さいパンケーキ店「gram」から全てを奪って乗っ取った上に、今回、しょうこりもせず海外メーカーティラミスヒーローもパクったゲスゲスメーカーです。

即刻、商標登録を取消申請するべきです。

人気飲食店の皆さまお気をつけて!

高田雄史はスイーツ専門の商標ゴロですが、これから飲食店で起業・開業を考えている方は、開店前から特許庁にシンボルマークの申請をしておきましょう。

中国や韓国ならいざ知らず、日本でこれをやったらおしまいです。

【参考】

高田雄史はgramの他にも丸パクリ!のっとり商標申請リスト一覧

gramの高田雄(史)の経歴や国籍は日本人?フランチャイズは要注意!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする