gramの高田雄(史)の経歴や国籍は日本人?フランチャイズ募集注意報

ティラミスパクリで大炎上した高田雄史が代表を務める「ティラミスHero’s(偽)」、2019年1月25日も、めでたく閑古鳥の様子です。

本家ティラミスヒーロー(現:ティラミススター)が、あの騒動をきっかけに日本で有名になり、応援したい気持ちから通販で買う人がめっちゃ増えているそうで、結果オーライすぎます。

本家ティラミスヒーロー(現:ティラミススター)も、対応早かったのが良かったです。

すぱっと名前を変えて、すぐにHPでアナウンスしたので、ネットも早めに「おかしい」と気づいて炎上しました。

しかし、株式会社gramはアメリカでもティラミスヒーローの商標登録出願をしていたらしく、もう何とも言えない不快感を感じます(ヤフーニュースより)。

他にも乗っ取ったパンケーキ屋gramのロゴもマレーシア、米国、カナダにおいて登録しています、なんかもう、商標ゴロにはかないませんね……。

こういうゴミカスは放っておいて、先に本家ティラミススターの商品が購入できるHPアドレスを貼っておきます。

こちら ⇒ ティラミススター通販ページ

ただし、現在のところ(1月26日時点)すべて完売しています。日本人て優しいなあほんと^^;。

ひとまず現在は落ち着いていますが、周辺の関係者や、こまごまとして情報などをまとめています。

【参考】

ティラミスヒーローパクリの高田雄史はgram社の使用権の商標ゴロ

高田雄史はgramの他にも丸パクリ!のっとり商標申請リスト一覧

スポンサーリンク



高田雄(史)の国籍は日本人ではない?通名を使っている?

数日前まで、たしかに「高田雄」さんだったのですが、フェイスブックを覗いてみると、ここ1日2日のあいだに、名前が「高田雄」変わっていました。

↓↓↓あきらかに「史」の字を抜いてます。

「高田雄」が通称で、本名が「高田雄史」なのでしょうか?

事業をする上でこうコロコロ名前を変えるというのは、信頼に関わるのですが、こういうことを平気でやってしまうのは、明らかに日本人のメンタリティではありません。

しかも、時間をおかず、SNSに平気でアップする。

高田社長が韓国人、中国人説が流れている理由は、パクリでのし上がってきたやり方に問題のほかに、このような通名疑惑も挙げられています。

↓↓↓パクリ会社「ティラミスHero’s(偽)のHPを1月25日夜時点で閲覧したら、代表者氏名は「高田雄史」のままです。

もうバレバレなのですが、名前をちょっとだけ変えて逃げ切るつもりなのでしょうか。

偽物店の方のHP更新を忘れているようです。

ビジネスのためなら自分の名前すら記号に過ぎないというその感覚に、何か空恐ろしいモノを感じます。

というか元祖gram社同様、もしかして高田雄(史)氏自体も実は本人ではなく、本人は既に戸籍などを乗っ取られているのでしょうか((((;゚Д゚))))。

高田雄(史)のうわさ

ネット上の情報をまとめると、高田雄(史)は、元祖gram本店のオーナー社長だったようです。

そこで良い物が出来たのを、元祖本店からノウハウとレシピ引っこ抜いてフランチャイズ化、本店が邪魔になったため、看板もオーナー権限で変えて商標を取って潰しました。

以下、ネットから拾った、あくまでネット上の噂です。

フェイスブック上のうわさその①

フェイスブック上のうわさその②

フェイスブック上のうわさその③

⇒フェイスブック上のうわさその④

いくつか抜粋すると、

・高田雄(史)はフランチャイズ加盟店から起こされた裁判をいくつも抱えている。

・フランチャイズで関わった人たちは辞めるに辞められなくてほんと気の毒。

・よその商標をとったことを自慢された。

・人として付き合いきれない

・銀行の当座預金が差し押さえられ、会社がダメになった

・他に泣いている人が何人もいる。

・日本橋で不動産屋やっていて、大阪府南警察署刑事課暴力犯係(≒捜査四課)にパクられた。この時も、暴力団専門の弁護士をつけてきて火に油を注ぎ、起訴まで行った。

・この時点ですでに何かしらの前科持ち。

真っ黒ですね。

その他

ドンキの飲食関連事業が洋菓子屋さんのヒロタの運営をしていて、その系列がgramを経営している法人。

そのgramも乗っ取りしたブランドであり、今回も業態商品デザインをまるまるパクって商標登録するという薄汚さ。

ティラミスとパンケーキを経営しているgram社長の高田氏は名前がコロコロ変わる通名疑惑が濃厚、という感じでしょうか。

うかつに近寄ってはいけない人です。

佐川秀人(広告企画担当)

ツイッターアカウントを持っていますが(@hideto_sagawa)鍵をかけて引きこもり中です。

フェイスブックページも更新されていません。

広告や広報をやっていたのなら、もちろん本家のことは知っていて、「デザインが新しく生まれ変わりました!」なんてコピーを打ち出していました。

小野あきこ(デザイナー)

フェイスブックにページを持っていましたが、アカウントを削除してしまいました。

ティラミスHero’s(偽)店のHPやアントニオをはじめとした猫キャラクターをデザインした人で、「株式会社ピーエックスデイ」という会社の代表取締役です。

この会社の事業内容はHPデザインやロゴ、イラスト、キャラクター、写真撮影、動画撮影、システム開発、ネットの誹謗中傷対策など、多岐にわたります。

仕事で請け負っただけだと思いたいですが、どんな気持ちでトレースしたんですかね……。

それとも、もう感覚がマヒしていたのでしょうか。

スポンサーリンク



乗っ取りティラミスHero’s表参道店(1号店)

日本人の食べ物への侮辱に対する怒りは凄まじく、一時期、東京の表参道店をグーグルマップで表示すると、以下のとおり「乗っ取りティラミスHero’s」という表記になっていました。

※現在はもとにもどっています。

1月22日の時点で、開店祝いの花から差出人の名前が全部抜きとられてたそうです。

店内はがらがらで、サクラ雇う金もないのかケチっているのか……。

↓↓↓志もコンセプトもないお店に、ホスピタリティが備わっていないのはお約束。

乗っ取りティラミスHero’s神戸三宮店(2号店)

しかし、近日オープン予定の神戸三宮店は、そのまま「乗っ取り」という冠をのせたまま、現在もグーグルマップに表示されています。

HPを見ると、オープン日時は未定になっていたのですが、以前からそうでしたっけかね?

Googleの口コミがほぼ1ですけど、無事に開店できるんでしょうか。

ツイッターアカウントで火消し作戦

@harutolabelというアカウントの人が、架空の家族をでっち上げて同情を誘う作戦に出ました(すでに削除済み)。

誰なんでしょうね、やはりgram社の中の人でしょうか。

1つのアカウントのみだったので、あんまりやる気が感じられませんでしたね。

詳しい経緯のログは⇒こちらに残っていますが、「両親がgramのフランチャイズ店で働いている」という設定で、gram社を擁護する発言を繰り返していました。

最初は同情されていたものの、言っていることが何だかあんぽんたんで、しだいにすね毛だらけの馬脚が見え始めたところで逃亡しちゃいました。

ティラミスの原材料の比較

参考までに、ティラミスの原材料を比較しましょう。

「ママヒーロー」味の原材料を比較してみました。

【本家ティラミスヒーロー(現ティラミススター)】

原材料:クリーム(乳製品)、マスカルポーネチーズ、砂糖、コーヒー、小麦粉、卵、チョコレート、リキュールココア、膨張剤、香料、グルコースシロップ

(ママヒーローで、税抜682円)

本物はシンプルですねえ(感心)。きちんと手間ひまかけてるんですね。

贅沢なティラミスを味わって頂くため最高級のマスカルポーネチーズとイタリア産のビスケット(biscotti savoiardy)を使用し、本場イタリアのティラミスの味の再現に努力しています。

クリームに卵(メレンゲ)を一切使わないのがアントニオのオリジナルレシピ。

生クリームのまろやかな口当たりとマスカルポーネチーズの素材本来の味が楽しめます!

いっぽう、偽物は?

ティラミスHero’s(偽)

原材料:加工乳、クリーム(乳製品含む)、糖類(砂糖、水飴、果糖ぶどう糖液)、ナチュラルチーズ、チョコレート、卵白、小麦粉、インスタントコーヒー、脱脂粉乳、食用精製加工油脂、ココアパウダー、ゼラチン、加糖練乳、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、グリシン、乳化剤、香料、クエン酸、酸味料着色料(カロチノイド)

(セット売りですが、1個あたり税抜750円

スーパーで買った材料で私でも作れそうですね★働く女性に優しいですね♫

それにしても、関税をくぐり輸送費をかけてはるばるシンガポールからやってきたティラミスより、日本のティラミスの方が割高ってどういうわけですかね(鼻ホジ)。

偽物店のティラミスはどう考えても高いですが、こういうパクリ上等の広告屋やデザイナーが寄ってたかって中抜きしてるのが原因です。

あなたはどっちを食べたいですか?

ワイドショーの「ビビット」では、フードジャーナリストの方に実際に両方のティラミスを食べてもらってました。

「本家の方が美味しい」とコメントしていたので、味の方でもやはり本家なんだと安心しました。

いちばんの被害者はフランチャイズ加盟店

しかし今回の問題が複雑なのは、㈱gramはフランチャイズ展開であることです。

私たちはどうしても「gram不買で店が潰れろ」となりますが、実際に夜逃げするのは、だまされてフランチャイズに加盟した人たちです。

本部の連中はだまして加盟料集めた時点で、もう逃げ切り完了しています。

2018年秋から説明会をガンガン募集してたので、加盟した人もいるでしょう。

まともに責任が取れない会社のやっているフランチャイズに、高いカネを注ぎ込んじゃいけません。

なお、今月は1月29日から2月中旬にかけても説明会やる予定でしたが、なぜか募集ページを消しています。

このままドロンするご予定なのでしょうか。

まとめ:名前を変えて必ずまたFC募集を仕掛けてくるぞ、みんな気をつけろ

本家ティラミスヒーローの社長が日本に来たとのニュースがありましたが、なにか進展があるのでしょうか。

ティラミスHero’s(偽)の株式会社gramも、近いうちに社名変えるんじゃないですかね。

HERO’S及びgramの商品、またこの代表の高田雄(高田雄史?(ほんとどっちだよ??))が関わる商品は一切買いません。

社長の名前をちゃんと覚えておくために、このページつくりました(笑)。

本家ティラミスヒーローさんのお知らせが、本当に心が痛かったです。

あのアナウンスこそお客様のための商品で、だからコンセプトもしっかりしています。商品に愛があるのが伝わります。

衰退し、移民を受け入れなければ延命をはかれない日本に住む私たちは、これからこういう人達と競争していかなければならないのです。

締まっていきましょう。

【参考】

ティラミスヒーローパクリの高田雄史はgram社の使用権の商標ゴロ

高田雄史はgramの他にも丸パクリ!のっとり商標申請リスト一覧

スポンサーリンク






シェアする

フォローする