高田雄史はgramの他にも丸パクリ!のっとり商標申請リスト一覧

ティラミスヒーローパクリのgram(高田雄史社長)、このお店以外にも、実に様々な商品名やカフェのメニューを商標登録・申請をしていることがわかりました。

やはり乗っ取りを計画しているのでしょうか?

『株式会社gram』名で商標申請中のリストを調べてみました。

ツイッター民や巨大掲示板住人の全力案件に化けました、gramの商標登録事件。

私も勉強になるので追っているのですが、『起業する前に商標申請』は、骨に刻んでおくべきだなと背筋が寒くなります。

ほんと、うかうかしてたら自分が手塩にかけて育てた商売が、いつの間にか赤の他人に奪われてしまうのです。

【参考】

ティラミスヒーローパクリの高田雄史はgram社の使用権の商標ゴロ

gramの高田雄(史)の経歴や国籍は日本人?フランチャイズは要注意!

スポンサーリンク



登録6073226「§THE TIRAMISU HERO」


※「特許情報プラットフォーム」より

現在大炎上中のパクリ店「ティラミスHERO’S」のロゴで、これは登録済み。

シンガポール本家のティラミス専門店「ティラミスヒーロー」のコンセプトなどをパクって日本でオープンしたのが上のロゴです。

↓↓↓で、本家の旧ロゴがこちら。

「ティラミスヒーロージャパン」公式HPより

全然見分けがつきませんね。

パクった方のロゴは、2017年12月に商標出願申請され、2018年8月に登録済み。

申請受理後、正式に登録されるまで、異議申し立てがあるかどうかを見極めるために半年間の時間を置きます。

本家の方は、まあ日本の商法上は「脇が甘かった」としか言いようがありません。

商願2017-169879「奇跡のパンケーキ」

株式会社gramは「奇跡パンケーキ」という商品名を2017年12月に商標申請していますが、まだ登録はされていません。

「奇跡のパンケーキ」は、「FLIPPER’S」というパンケーキ屋さんの商品名なのに、同じパンケーキ屋のgramが商標登録しようとしています??

公式HPには、以下のようなコンセプトの記載があります。

「FLIPPER’S」は、”最高の一皿”をコンセプトに、こだわりの素材とシンプルながらも素材本来の力を生かした製法で、新食感&新体験の「奇跡のパンケーキ」を提案するスフレパンケーキ専門店です。ふわふわ”新食感”と、舌触りがキメ細かくしっとりとした生地が、口の中で優しい風味を残しながら溶ける”新体験”をお楽しみください。

これはいったいどういうことでしょう?なんでしょう、業務提携もしくはM&Aでもするんでしょうか?(棒)

↓↓↓現在のところ、こういうふうにメニューの説明がされています。


<FLIPPER’S公式HPより>

「奇跡のパンケーキ」とは、こちらのお店の看板商品です。

FLIPPER’Sさん、お心当たりがないのならば、弁理士を呼んではやく特許庁に連絡しないと、そのうち株式会社gramの法務担当から、「公式HPから『奇跡のパンケーキ』の文言を即刻削除してください。この文言は、うちの会社が商標登録してますので」という連絡がきてしまいますよ。

とくに業務提携などを予定していないのであれば、株式会社gramは、こちらのお店の看板商品を奪おうとしていると思われても仕方がありません。

商願2018-062386「てぃらぷり」

同様に、大阪のプリン屋さん「うっふぷりん」の看板商品「ティラプリ」が、ひらがな表記になって、株式会社gramが同じく商標申請中です。

あれー?おなじてぃらみすのすいーつだー。なんだかふしぎですねー(ぼう)。

大阪プリン専門店 ・うっふぷりん公式HPより>

「てぃらぷり」の名称が商標申請されています。

うっふぷりんさん、お心当たりがないのならば、弁理士を呼んではやく特許庁に連絡しないと、そのうち株式会社gramの法務担当から、「公式HPから『ティラプリ』の文言を即刻削除してください。この文言は、うちの会社が商標登録してますので」という連絡が(略)。

とくに業務提携などを予定していないのであれば、株式会社gramは、こちらのお店の看板商品を奪おうとしていると思われても仕方が(略)。

スポンサーリンク



商願2018-039751「プレミアムパンケーキ」

株式会社gramはパンケーキ屋さんで、そのメニューに「プレミアムパンケーキ」という、ふわっふわのパンケーキを3段重ねにした人気のスイーツがあります。

この申請が通って、この会社がその気になれば、株式会社gram以外の全国のスイーツ店のメニュー表から「プレミアムパンケーキ」という文言をすべて消すことができます。

ディズニーの著作権のようなことをするつもりはないのでしょうが、なにか揉めるようなことがあったら、商標をタテにやりたい放題することも可能。

あまりひねりのない一般的な名称なだけに、効果は絶大かもしれません。

商願2018-039752「プレミアムロールケーキ」

偉大なる大ローソン総統様に勝負をふっかけるという、その心意気だけは買いたいと思います。

これは㈱gramのお店のローソンのコンビニスーツ「プレミアムロールケーキ」とダダかぶりしていますが、まさか天下のローソンとことを構えるおつもりだったのでしょうか。

いくらローソン総統でも法律にはかないませんが、変に恨み買ってどうするんですか。

商願2018-104109「ティラミs……」

2018年8月に、株式会社gramは、以下のイラストを商標登録申請しています。

↑↑↑株式会社gramが商標申請中のイラスト
特許情報プラットフォームより)

あれ?つい最近どっかで見たぞと。


<ティラミススター公式HPより>

↑↑↑オリジナル店のティラミススターのキャラクター「アントニオ」。

……ほんといい加減にしろよ?

商願2018-025681「ティラミスヒーロー」

なんか頭がこんがらがりそうですが、本家の名称「ティラミスヒーロー」も、ニセモノ会社gramが商標出願中です。なんとまあ……。

2018年3月に出願してますので、シンガポール本家が日本にやってくるとわかってすぐに手を打ったのでしょう。ほんと悪質。

登録6083179 バーンサイドストリートカフェ
(※2018年9月に登録済)

「株式会社gram-routine」によって、「バーンサイドストリートカフェ」の店名が商標登録です。

「株式会社gram-routine」は、「株式会社gram」のグループ会社。

⇒こちらのページに記載があります。ずーっと下の方にスクロールして、「会社概要」のところを見てください。

「バーンサイドストリートカフェ」とは、東京都渋谷区にある、関西で有名なパンケーキ店「elk」の姉妹店。

すでにgramのグループ会社に商標をとられているのですが、途中で気づいたのか「株式会社サクラブルーコーポレーション(経営母体の会社名)」が、表記を英語に変更して、商標を取り返す形で申請中です。

↓↓↓見てくださいこの仁義なき戦いを。

「閉店している」という書き込みをどこかで見かけましたが、HPはこちらで、ふつうに回転しています。

たぶんそれ、のっとりに気づいた中の人が、あわてて看板を架け替えてリニューアル準備してたんじゃないですかね。

「商標泥棒」についてこのツイートの方が言及しているのですが、

有名商品の商標を先に押さえ、パクリ商品を展開という悪質なことやってます。

1.流行っているお店(個人商店など法務が弱いところ)を見つける

2.ヒット商品や店の名前を勝手に商標登録

3.元のお店に商標権を使って改名を迫る

4.そのお店がリニューアルしたかのように見せかけて誘導

という手順のようです。

原宿地区のスイーツ屋・パンケーキ屋を意図的に狙ってて、かなりの悪意が感じられます。

スポンサーリンク



登録6026711「カフェダウニー」
(※2018年3月に登録済)

こちらも「株式会社gram」のグループ会社である「株式会社gram-routine」が商標登録済です。

カフェダウニーは、名古屋に本社を置く食べ物屋さんで、カリフォルニアスタイルのパンケーキ、というすごい高さのパンケーキををはじめ、いろいろなメニューを扱っています^^;。

1980年、現社長がカリフォルニア州のダウニーという街でケーキとサンドウィッチの店をオープンしました。

11年後の1991年に帰国して名古屋の八事に1号店を開店しました。

こだわりの手作りケーキとボリュームたっぷりのサンドウィッチ、そしてアメリカで出会った心地よい空間を皆様にお届けします。

「ハートが快晴になるカフェ」それがダウニーです。

社長の名前はわかりませんが、税理士法人の「お客様の声」ページに社長と思われる男性の写真が写っています。

⇒こちら

まるでカリフォルニアの太陽のような笑顔の、親しみやい、おおらかそうなおじさんで、商標ゴロと対抗できるずるさが感じられず、不安です(汗)。

もう偶然の一致ではごまかせませんね。

元祖「gram」(※ぜーんぶ乗っ取り済み)

登録5834485「gramcafe&pancakes」(2016.3)

登録5836575「cafegram」(2016.4)

登録5874045「gram」(2016.8)※ロゴ

登録5874046「gram」(2016.8)※ロゴ

登録5983060「§g∞gram」(2017.9)※ロゴ

登録6032046「gram’s heroes\グラムズヒーローズ」(2018.3)
※この最後のは「グラムズヒーローズ」は、シンガポールののっとりを視野にいれてたんでしょうね。

ティラミスヒーローパクリ騒動の今回の株式会社「gram」は、そもそも大阪心斎橋のパンケーキ屋「gram」を乗っ取っていました。

北の北海道までその名前が聞こえてきたことがあります。

話題になって、テレビや雑誌で取り上げられていましたね。

↓↓↓こちらが本家のロゴ

小さなお店だったのに、開店してまもなく店舗拡大路線に走ったんですよ。

はておかしいなと思ってたら、名前が乗っ取りされてすでに別会社になっていたというホラーだったのです。

↓↓↓こちらが、現gramのゴロ間違いロゴ(商標登録番号5874046)。

大阪心斎橋のパンケーキ屋が使っていた商標を高田雄史が乗っ取り、大阪心斎橋のgramは商標を取られてしまったので、 元祖「gram」は、店名を「bran cafe」に変更しました。

しかしその後、「bran cafe」のロゴ含めてそれさえも高田雄史が乗っ取り、「gram」も「bran cafe」も使えなくなった心斎橋の店舗は閉店。

【元祖「gram」の悲劇の時系列】

~2014/04/23~
大阪心斎橋付近に「gram」というパンケーキ屋がオープン、非常においしいと話題に

~2014/12~
高田雄史が株式会社gramを立ち上げる

~2015/08/08~
gramの店名が変わり「bran cafe」としてリニューアル
従業員や製法そのままで、経営者が変わった

※この時期に高田雄史が商標登録を申請

~同時期~
「gram」を名乗る株式会社gram運営の店舗が次々とオープン
この新gramは旧gramのロゴをそのまま使用

~その後~
bran cafeの食べログに新gramへ誘導するようなレビュー
及びbran cafeが新gramの派生であるかのようなレビューが並ぶ

~2018/03/15~
bran cafe閉店

「背乗り(はいのり)」という行為のようです。

上の例を見てわかるとおり、いつの間にかチェンジリングが完了しているのです。

訴える力のない弱そうなとこからパクるのがコツで(ローソンは例外か間違えたのか試してみるつもりだったのか)、背乗りした側がフランチャイズ展開し、いまや全国60店舗の大企業。

今の「gram」という名前自体が、乗っ取った名前というのが怖すぎます。

まとめ:他の人が頑張って開発したものを盗んで自分のものにしてすっとぼけて稼いだ金で食うメシはうまいか

ティラミス屋Heroの名を奪ったのはパンケーキ屋gramと見せかけてそのgramですら他人から奪った名で…。

え、なにこれどんなサイコパスホラー作品?

日本人は食べ物に関してはガチギレする民族であるということを、高田雄史はご存知無かったのでしょうか。やはり外国n(ry

バレないと思ったっていうより、gramで成功したからって感じですかね。

別のパンケーキ屋さんを発掘しましょう。

高田社長の好みにまで口を挟むつもりはありませんが、私は他の人が頑張って開発したものを盗んで自分のものにしてすっとぼけて稼いだ金でつくられたメシはおいしくないと感じる、めんどくさい舌を持ってます。

ブログを続ける限り、この人のことは追うと思います。

【参考】

ティラミスヒーローパクリの高田雄史はgram社の使用権の商標ゴロ

gramの高田雄(史)の経歴や国籍は日本人?フランチャイズは要注意!

スポンサーリンク






シェアする

フォローする

コメント

  1. たま より:

    元のgramはシーエスアートという問題のある会社の運営。
    現gramは、ホームページで乗っ取りではなく、運営を任せていたと言っています。
    ということは、高田氏はシーエスアートと関係のある人物ということになる。
    この辺りも調べて欲しい。