ローランドの父親はミュージシャン ギタリスト松尾洋一はどんな人

ホストの帝王・ローランド様がいよいよメジャーになってきましたね。

深夜枠の「ソノサキ!」に続き、ゴールデンタイムの「ダウンタウンDX」についに出場、どんどん実業家としての階段を駆け上げがって行ってます。

さて、ローランド様のお父上がギタリストの「松尾洋一」氏ではないかという噂がたっています。

ご本人たちの公式コメントはないのですが、ローランド様の本名がどうやら「松尾風雅」であること、そして昨年まではローランド様の整形前の顔がネットで見られたのですが、これがまあお父さんにそっくりだったんですよ(笑)。

たぶん、ローランド様のお父さんは、松尾洋一氏で間違いありません。

当ブログでも一時期整形前の顔写真を掲載していたのですが、ローランド様側からの要請で、掲載を取りやめてしまいました。

残念ですが、あれほどの男性が嫌だと言っているのですから、あの男気に惚れてしまったファンとしては、それを飲むしかありません。

しかし、まだこっそりローランド様が嫌だと言っているのに昔の顔を掲載している不埒なサイトが残っていますので、探してみてください。

今回は、ローランド様のお父さんの松尾洋一氏とはどういう人か?について調べました。

【参考】

ローランド・ホストの本名や学歴は?父親や妹の存在感もすごい!

スポンサーリンク



ギタリスト・松尾洋一とは

ギター使いの松尾洋一氏といえば、その道では知らない人のいない偉大なアーティスト。

ギターを手にとる若者にとって松尾さんはまさに「コードの神」、目指すべき憧れの存在です。

松尾洋一さんは福岡生まれ。

上京して、武蔵野音楽学院に入学。

卒業後は、影山ヒロノブ、堀江美都子、水木一郎、他新旧数多くのアニソンアーティストをサポート。

「ドラゴンボール」や「ウルトラマン」など誰もが耳にしたアノ曲を手がけたスタジオミュージシャンで、数多くのアーティストのサポートや、レコーディングに参加。

影山ヒロノブさんを30年近く支えてるBROADWAYのメンバーでもあります。

<MITOKYO公式HPより>

ライブやバンドのメンバーに「松尾洋一」の名前がそこにあれば、アーティスト側に「頼もしくてかっこいいプロの方のお力で、安心してステージに立てる」と言わしめる存在。

メンバー表に名前が連なるだけでランクが上がり、ツウの期待はいやが上にも高まります。

ギターと言えば弾き語りなのですが、松尾さんも「歌唱力がすごい」と評する声も多いです。

探したら映像ありましたよー、1991年の頃の動画なので、ローランド様が生まれる前のお父さんの姿です。

↓↓↓


こんなにかっこいい声と演奏、そりゃあローランド様の美意識は自然と向上せざるを得ないでしょう。

近年はアニサマバンド「INFINITY」、JAM Project、西川貴教(TMR)などのサポートで海外イベントにも多数出演しています。

アニサマバンドには2005~2006、2009~2012参加。

現在は声優・田村ゆかり氏のライブで演奏をつとめるダンディなおじさまバンド「桃色男爵」に参加。

現在は音楽活動のかたわら音楽会社の経営もしていて、息子のローランド様もそれに携わっているようです。

また、松尾洋一さんは、「専門学校ミュージシャンズ・インスティテュート東京(MI TOKYO)」のインストラクターもつとめています。

1977年にコンテンポラリーミュージックの学校として開校したこの「MI TOKYO」は、なんと本校にあたる「MI HOLLYWOOD」とは世界的なミュージシャンを育成するための情熱やビジョンを共有しており、緊密な協力関係を築いているすごいところ。

ということは、アメリカに強力なツテがあるということですね。

「MI TOKYO」卒業後に、「MI HOLLYWOOD」に進学して、さらにエンタテインメント業界の中心で音楽の勉強を続け、経験を積むことも可能な制度があります。

まとめると、松尾洋一さんは、

・現役ギタリスト、

・音楽会社経営、

・音楽専門学校インストラクター

など、多彩な活動をしている才能豊かな方です。

スポンサーリンク



ローランド様とお父さんの思い出

ローランド様は、もともとプロのサッカー選手志望でしたがケガで夢を断念、高校卒業後に一時期帝京大学に進学するも即退学、ホストの道に入ります。

「自分はこれからホストでやっていく」と、父親にしっかりと自分の決心を告げました。

正面から向き合ったローランド様はすごいと思いますが、もちろん、お父さんの松尾洋一氏は大反対。

だって、帝京高校というサッカーの名門校で活躍していた自慢の息子が、いきなり歌舞伎町で水商売やるっていうんですよ。

勘当されてしまいます。

しかし、やっぱり息子を心配していたんでしょうね、歌舞伎町といったら魑魅魍魎の世界ですよ。

仲直りの印にポルシェのカイエンを息子にプレゼント

後年、ホストで大成功したローランドさんは、父親から仲直りの印に「ポルシェのカイエンをくれた」というエピソードを披露しています。

気前もいいし、お金持ちでもあるのでしょうが、やはり息子を心配していた気持ちの表れだと思います。

ほんとに安心したのだと思います。

庶民である我々はまず「中古車」というワードが頭をよぎりますが、第一線で活躍している一流アーティストが、1晩で1000万円稼ぐという息子にそんな中古車など贈るはずがありません。

いちおう、ポルシェの公式HPを確認してみましたが、現在のところ、最安値(税込)で976万円というプレイス。

これにいろいろオプションが重なりますから、一千数百万円はくだらないでしょう。

歌舞伎町であんなに大成功してくれて、とても嬉しかったんだと思います。

2018年2月28日の田村ゆかり氏のバースディライブに参加

お父さんとすっかり元通りになったローランド様は、松尾氏が出演しているライブにもお母さんを伴って足を運びます。

ローランド様の2018年2月28のオフィシャルインスタに、次のような記載があります。

昨日は父の出演するライブ観に行きました。

ジャンルは違えど毎回観に行く度勉強なるし、何万人ものファン達感動させているという事実は純粋に尊敬しますまあ負けないけど笑
ライバル!笑

歌舞伎町のアイドルも楽しいんだけども
来世は親の力を借りて歌って踊れるアイドルやってみたい。

それにしてもパパのギャラ一体幾らなのか気になる笑

この日は、東京調布市の武蔵野で声優・田村ゆかり氏のバースディイベント「田村ゆかり BIRTHDAY ♡ LIVE 2018 *Tricolore ♡ Plaisir*」が開催されました。

田村ゆかり氏をバックアップするおじさまバンド「桃色男爵」に所属している松尾洋一氏も、もちろん出演。

↓↓↓こちら、田村ゆかり氏のファンの方のブログですが、2018年2月27日の彼女のバースディライブのレポをしてくださっています。

<「yukaritude(ゆかりてゅーど)」該当記事より一部抜粋>

しっかり松尾洋一氏が出演しています(笑)。

それにしても、ローランド様でさえ、松尾氏のギャラがどのくらいになるかわからないというもの何かすごいです。

ローランド様ほどの男性を育てた人なのですから、タダ者ではないことは確かなのですが、なかなか表に出てきてくれません。

まとめ:松尾洋一さんをもっと知りたい

舞台の裏方に徹しているようで、ブログやフェイスブックも解説しておらず、残念ですが、表立ったコメントはありません。

ローランド様がぽつっと呟くエピソードを待つしかありませんが、父親は父親、自分は自分とお互いを尊重しあう独立した父子関係なので、しばらくはあんまり聞こえてこないかもしれません。

ほんと、理想の距離感ですよね。

ローランド様の男性なら、そのうち「父子論」にも言及してくれるのではないでしょうか。

私も、おかげさまで腕のいいギタリストの名前を覚えることができました。

おふたりのこれからの活躍が楽しみです。

【参考】

ローランド・ホストの本名や学歴は?父親や妹の存在感もすごい!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする