ベッキーの現在の仕事や彼氏は?叩かれる理由やゲス不倫の教訓

ゲスの極み乙女の川谷絵音さんと不倫して、2年くらいテレビから消えていたベッキーさんが、地上波テレビに復帰しつつあるようです。

いやー……言っては悪いですが……正直言ってうざかったですね、彼女^^;。

不倫騒動のイメージが強いですが、実はそれ以前から叩かれていましたね。

【参考】

・独身女性が選ぶ「嫌いな女性ハーフタレントランキング」 1位はやっぱりベッキー

・ベッキーが元気でうざい理由まとめ DAIGOにも元気の押し売りしてた

・みんなの人気者ベッキーのはずが、嫌われまくっていたとは!

潔癖症の思春期少女のようなキャラを10年近くも続けてきたし、そろそろアラフォーの年齢域に突入することもり、「前世」のキャラはそろそろ賞味期限切れのはず。

素の性格を出して地道にやっていかないと疲れますし、タレントさんはいつ失脚するかわかりません。

年齢相応の新しいイメージをつくって切り替えることができれば、まだ息は続くかもしれませんが、そうでなければ、もうベッキーさんの再起は難しいでしょう。

スポンサーリンク



ベッキーのプロフィールと川谷絵音不倫騒動

まずは簡単なプロフィールを。

本 名 レベッカ・英里・レイボーン
国 籍 日本
※日本人(母)とイギリス人(父)のハーフ
生年月日 1984年3月6日(2019年で35歳)
出生地 神奈川県
最終学歴 亜細亜大学経営学部経営学科

芸能界入りのきっかけは、14歳の時に参加した下着モデルのオーディションで審査員をしていたサンミュージック社長・相澤秀禎氏のスカウトでした。

ご存知のとおり美人で頭の回転が早く、学業成績も優秀な典型的な優等生。

学生時代は、スクールカーストの常に最上位に位置して、挫折を知らない前半生。

タレント業で稼いだお金を学費を払い、学業を両立させながら大学を卒業。

才能豊かな人で、歌を歌ってCDを何枚か出していますし、テレビドラマにも多数出演、バラエティ番組のレギュラーを何本も掛け持ちという、売れっ子タレントに育ちました。

川谷絵音さんとのゲス不倫発覚

お父さんがイギリス人であるため、日本人との少しの感覚の違うところを「明るい天然キャラ」として上手に利用、潔癖症の男性嫌いで色気のないところが「女性に嫌われない」というメリットに転化し、順調に活躍していたベッキーさん。

ハーフ界の絶対王者として、芸能界のハーフタレント界に君臨し続けました。

しかし2016年1月、文春砲による『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音さんとの「ゲス不倫」をスッパ抜かれて大騒動。

川谷さんは当初、結婚の事実をベッキーに隠したまま交際を始めましたが、その後自分が既婚者であることを告白しても、ふたりはそのまま親密な関係を続けていました。

男嫌いで恋愛初心者だったのが、裏目に出たのかもしれません。

↓↓↓週刊文春にスクープされても、「逆に堂々とできるかも」などとラインで頭がフラワーな会話していたことも判明。これがトドメになりました。

「センテンススプリング(=文春)」という造語も流行語に。なんだか現在は一般名詞として定着しつつあります。

人気急上昇中だった川谷さんは離婚、元奥さんに多額の慰謝料を払うことになり、仕事は激減、一時期は本当にに経済的に追い込まれてしまいます。

ハーフ界の女王・ベッキーさんは、その王座から転落、川谷さんと一方的に連絡を絶ち、関係を遮断。

このゲス不倫騒動は、ハーフタレント界の勢力図を一変させるほどの猛威をふるいます。

彼女を擁護した芸能人もいたのですが、彼らにまでダーティなイメージが飛び火して批判されるという、ものすごい状況でした。

謝罪会見もしたのですが、川谷さんの奥さんに対する言葉は一言もなし。

最高年収1億円と言われていたベッキーさんはついに一時休業に追い込まれ、CMは打ち切りまたは降板、多くのレギュラー番組を失います。

所属事務所のサンミュージック側の発表では「体調不良」でしたが、世間的には「逃げた」と受け止められてさらにイメージダウン。もう何を言ってもダメでした。

・ベッキーさん休業するの?「お友達」で不倫じゃないんでしょ?

・ベッキーさん活動自粛なら分かるけど、体調不良で休業とか被害者ぶりすぎでは?被害者は奥さんでしょ?

・休業だけで川谷さんの奥さんに謝らないのなら、ただ単に逃げただけ。

と、ネット上では辛辣な意見が相次ぐ始末。

この時は、ころあいを見て事務所がマスコミを使い「ベッキー待望論」の流れをおこし、「あの時は大変だったね」ムードをつくって復帰する計算でした。

しかし現在に至るまで、その試みは失敗しているようで、残念ながらそういうムーブメントは起こっておりません。

しかも、ベッキーさんが降板したあとでも、そのレギュラー番組の視聴率は、さほど変わらなかったようです。

ベッキーと片岡治大コーチが結婚

2018年6月、ベッキーとプロ野球・巨人の片岡治大コーチとの真剣交際が報じられ、ふたりはそれを認めました。

なれそめは、共通の知人であるウエンツ瑛士さんの紹介。

実は片岡コーチの方が10年ほど前からずっとベッキーのファンで、猛烈アタックをしたとか。

片岡コーチはご存知のとおりイケメンで、フジテレビのアナウンサーだったカトパンこと加藤綾子さんや、テレビ朝日の竹内由恵アナとの交際報道もありました。

とにかく有名人好きの男性で、ベッキーさんとのことについて、周囲は「またか」という感じらしいですが、今度はきちんと独身男性を選び、交際は順調とのこと。

うまくいってほしいものですが、とにかく、ベッキーさんは嘘つきというイメージが定着してしまい、お茶の間の支持が得られていません。

以前の優等生キャラを払拭したいとも考えていて、「発言を飾ることはしない!」と決めているといいますが……。

そして2019年2月、みごと片岡コーチとゴールインしました。

スポンサーリンク


ベッキーの現在の仕事は?

少しずつですがネットテレビから復活しつつあります。

『FULL CHORUS♪~音楽は、フルコーラス~』

BSスカパー!で毎週月曜日 20:00 – 21:00に放送されている、ベッキーさんとハマ・オカモトさんがMCの音楽番組。

2015年から放送されている息の長い番組で、もともとベッキーさんのレギュラー番組。

不倫騒動時にはこの番組もお休みしましたが、半年後の2016年6月からこの番組で復帰を果たしました。

アーティストの新しい楽曲を、最初から最後までフルで視聴でき、その曲のエピソードや裏話も披露される、音楽好きには贅沢な番組です。

公式HPはこちらから ⇒ FULL CHORUS♪~音楽は、フルコーラス

『恋愛観察バラエティ あいのり : Asian Journey』シーズン2

2018年11月から、Netflixというインターネットによる動画配信サービスに、ベッキーさんがいとうあさこさんと夏菜さんと出演しています。

毎週金曜日の24:55~25:25放送。

3人でピンクの「ラブワゴン」に乗った見知らぬ男女7人が、真実の愛を探してアジア各国の旅の続きを見守るという、恋愛観察バラエティ番組。

外国で撮影された男女7人の惚れたはれたの動画に、ベッキーさんたち3人が励ましのコメントをなど挟むスタイルの番組です。

公式HPはこちらから ⇒ あいのり : Asian Journey

ヒルナンデス

2019年に入り、地上波復帰を果たします。

最初の足がかりは、日テレ系の昼の時間帯のバラエティ番組『ヒルナンデス』。

クローゼットの整理に悩む主婦宅を訪れて、クローゼットの整理術を紹介するコーナーに登場したベッキーさんでしたが、視聴者の反応は散々なものでした。

不倫のイメージがついてしまったタレントさんが、主婦層がメインの時間帯に出演するのはまだ難しそうです。

行列のできる法律相談所

日テレが、ベッキーさんを起用しようとしているようですね。

2019年2月10日に、21時からのゴールデン時間帯の『行列のできる法律相談所』にベッキーさんが出演。

なかなか難しそうですね……。

イメチェンしようと頑張っているのはわかるんですが、以前の「元気ハツラツ」のボリュームをおさえているだけで、根本的な解決にはなっていないような気がします。

スポンサーリンク



ベッキーだけが嫌われる理由

ベッキーさんはいまだに叩かれるのに、奥さんやベッキーさんの他に愛人が数人もいた川谷絵音さんは、それほど叩かれません。なぜなのでしょう?

ベッキーさんはたいへんポジティブで、いつもどこでも笑顔笑顔笑顔♫で元気元気元気♥で感謝感謝感謝★だったんです。

彼女のキャラクターを今の閉塞した時代とすり合わせると、時代の空気とキャラクターがざりざりと目の粗いヤスリをこすり合わせたような粗雑な摩擦をおこし、評価は「超ウゼェ」になります。

現在のコンテンツのヒロインにはまず選ばれないタイプで、私などテレビ画面を見ている目がイタくなってチャンネルを変えていました。

数年前はあんまりテレビに興味がなかった自分でさえ、

・明るい優等生

・いつも前向きで感謝★

・元気の押し売り

・きらきら♥はっぴぃっ❦

・ポジティブモンスター

というキャラクターがうざくてうざくてたまらなくてめまいがしてました。

今の日本の雰囲気は、「余生」なんですよ、今後長期にわたたる日本のトレンドキーワードは「非婚」「子ナシ」「縮小」「衰退」とか、このへんです。

この衰退している国の下降トレンドに、真っ向から逆らう「ネアカ」キャラのヒロインは必ず叩かれます。

ゆえにこういうタイプのヒロインをドラマに据えたら、視聴率爆死します。

大ヒットドラマの「逃げ恥」だって主人公の2人、草食系で冷静で淡々としてたでしょ。

あれもダメこれもダメとあちこち締めつけがきつくなり、税金は上がるわ、給料は上がらないわ、未来はないわ……。

みんなこの停滞ムードの中で歯を食いしばって頑張っているところを、ベッキーさんの自分本位で素っ頓狂でKYな明るさで「みんな頑張ろっ!笑顔で我慢しないとダメだYO♫」でさらに押さえつけ、視聴者の潜在的な不快ゲージをためにためてためまくっていたのです。

そんなところにあの不倫騒動、「いつもイイ子で笑顔と感謝のベッキーだYO★ミャハ☆彡」で、一方的に無理やり飲み込まされていたストレスが大大大大大爆発。

「あれほどイイ子ぶっていたくせにふざけんなあああああああああああああああ!!!」

全国のお茶の間のリミットゲージが一気に大ブレイクし、これでもかこれでもかこれでもかというすさまじいバッシングに発展したのです。

あまりに「明るく元気で清廉で善で素晴らしい自分」のイメージを作りすぎたため、何十倍ものしっぺ返しがベッキーさんを襲いました。

他人の家庭を壊した道義的な責任はもちろんですが、その前に自分で溶鉱炉にガソリンをがっぽんがっぽん注いでいたのですから、一度火が付いたらあれほどに燃え上がったのです。

時代の流れに逆らい、視聴者の神経を根こそぎ逆なでしたベッキーさんの嫌悪感を忘れておらず、まだ引きずっている人が多いのでしょう。

ベッキーさんのバッシングの凄まじさは自分の言行不一致が原因でしたが、不倫相手の川谷さんは、もともと「いかにも不倫しそうなタイプ」だったので、そんなにギャップがなかったんですよ。

まとめ:次に笑顔で感謝したら本当に消えると思う

ふつう、不倫だけであそこまで叩かれることはありません。

不倫が露見する前に、さんざん「清廉潔白」「感謝」の大安売りして優等生ぶってたからダメだったんです。

もうですね、ベッキーさんの周囲の人は、彼女に「優等生禁止令」「ポジティブ禁止令」「感謝禁止令」を出すべきです。

これができなければ同じことの繰り返しです、せめて黙らせてください。

ここまで悪条件を揃えてしまったベッキーさんが結婚して子供も作るまではいいとして、それをきっかけやネタに「以前のようにまた明るく」なったら、芸能界復帰は本当に難しいんじゃないかと思ってます。

今の時代に売れる人、流れに乗る人、物事がうまく運ぶ人は

「独身」だったり

「結婚していても子供のいない人」、もしくは

「子供がいてもそれを表に出さない・幸せアピールに使わない人」

です。

いまだ人気が衰えないマツコ・デラックスさんはゲイの女装男性だし、有吉弘行さんも独身、中居正広さんは少なくとも表向きは「非恋愛」のスタンスを崩していません。

福山雅治さんは結婚して幸せアピールして明らかに人気が落ちたし、ママタレなど飽和状態でこれから売るのは難しいでしょう。

全盛期の元モーニング娘。だって全員子供を生んでしまって、有象無象で見分けがつかない。

誰かひとりかふたりでもDINKSだったら、ほかのメンバーと差別化もできてきっと売れたはずです。

AV男優と事実婚して「人生全部コンテンツ」などと、幸せアピールや妊活を毎日毎日全世界に公開しているはあちゅうさんなど、今後どうなるかわかりません。恐ろしいくらいです。

見栄はって背伸びしないで、自然体に近い状態で、謙虚に振舞うことが大事です。

ベッキーさんも片岡コーチと結婚して母親になるのは自由ですが、せめて「子供を使った幸せアピール」だけは控えめにしたほうがいいと思います。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする